インディゴ地平線

sakebi

ひゃ~!忙しいよ~。とムンクさんも叫びます。

この人はムンクさんじゃないけど、とにかく叫びます。ふふっ

なんだか昨日今日といろいろと忙しくて、なかなか八雲の話も書けないんだけど

とりあえず、絵のほうはひと段落下したので

明日は朝からゆっくり書けると思います。

みなさんのところも回れてないけど、ぼちぼち回りますからねー。


ということで、今日のところは、軽くスピッツの話題。

昨日今日とまた、インディゴ地平線というアルバムにはまっています。

これは僕もスピッツの中で3番目4番目ぐらいに良く聞くアルバムです。

もうどれくらい聞いたかも分からないけど、地味ながらとってもスピッツらしい一枚。

チェリーも好きだけど、今日紹介するのはこれまた代表作の「渚」だよーん。

 
 ぼやけた六等星だけど
 思い込みの恋に落ちた
 初めてプライドの柵を越えて

 
このフレーズがすごく好きです。自分を偽らずに堂々と「思い込みの恋」と

言い切ってるのがすごいよね。

だけど、世の中、盲目の恋がどうのこうって、よく言うけど

それの何が悪いんだろうってすごく思う。

恋なんてみんな最初は「思い込みの恋」じゃん。真実を知るまでは突っ走るしかない。

周りを巻き込んで、人を傷つけたらダメかも知れないけど

自分さえしっかりしてれば、いろいろと気をつけながらやっていけるはず。

別に自分が傷つくことなんか、やぶさかじゃないし

一瞬でも自分が輝ける瞬間があるなら、何の問題もないんじゃないの。

でも、それって、どんなことでも同じだと思うんだよね。

自分が思い描いてる夢というのは、どちらかというと「思い込みの恋」に近い。

がんばれば夢が叶う!というのもそう。

正直いって、それがいつも真実になるとは限らないけど

それでも人はそれを信じてがんばるわけです。まさに「思い込みの恋」そのもの。

明日のことは誰にも分からないんだから、やって確かめるしかないもんね。

この道は天国に続くのか、地獄に落ちる道か

そんなものは行って見ないとわからないんだよ。

だから、僕がスピッツをこんなに大好きなのも、

やっぱり、見えない明日を面白がる視点を持っているというところかもしれない。

今日をどれだけがんばれば、明日は何に化けることが出来るか

それが楽しくて仕方ない様子を見事に歌い上げるスピッツにはいつも脱帽です。


 バッチリ2人 裸で跳ねる
 明日はきっとあれに届いてる


たとえば、グラスホッパーという曲だよね。

ホント人間なんてそんなんで良いんだよ。明日が楽しみなのも、不安になるも

明日が見えないからであって、だからこそ人はがんばれるんじゃなのかなぁ。

今日をどんな風に生きるかで、明日も変わっていく可能性があるということ。

それは別に真実じゃなくてもいいし

そんなのは、今日をがんばるための「思い込みの恋」でいいんだよ、きっと。

間違った道をどんどん進んで、後で目いっぱい後悔すれば良い。

それが必ず次の道で力を発揮して、どっかで花も開く。そんな気がする。

見えない明日こそが、やっぱり生きてて楽しいことかもしれないね。


ついでに言えば、スピッツのいいところは、見えない明日を面白がるのと同時に

自分の未熟さを面白がってるということ。


 いつかこんな気持ち悪い人(自分)
 やめようと思う僕でも
 なぜか険しくなるほどに
 すごく元気になるのです
 

こんなのも面白い歌詞だけど、やっぱり人は未熟でいいということかもしれないね。

僕も含めてみんな未熟な自分に悩んだりしてるけど

未熟だからこそ、まだまだ人は成長できる可能性を持っているということだもん。

だから、人は未熟のほうが面白いんだよ。

いつも100点取ってる完璧な人は、いくらがんばっても

それ以上良い点は取れないからね。60点ぐらいがちょうど良いんじゃないの。

0点の人も、がんばり次第で、無限の可能性を持つということでね。


なんだか渚から、ずいぶんかけ離れちゃったけど

渚を聞いてスピッツに「思い込みの恋」をしてください。

ちなみにインディゴ地平線というアルバム。チェリーや渚のほか

ナナへの気持ち、夕陽が笑う君も笑う、初恋クレイジー、ハヤテ、バニーガールと

隠れた名曲が山ほど入ってるので、お勧めです。


 君のせいで大きくなった未来
 (初恋クレイジー)

 勝手に決めたリズムにあわて歩いていこう
 (夕陽が笑う君も笑う)



ではまた明日!ムンクを作って遊んでる場合じゃなかったかも。ふふっ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

「海を見に行こう」

今日は髪を切りに行って来ましたよー。

しかーし、今日は台風が北海道に大接近中。土砂降りの雨でずぶ濡れになってしまいました。

というのは冗談(!)で、土砂降りだった雨も午後にはやんでたから、濡れずに済みましたよん。ふふっ

それにしても予約してたとはいえ、よりによって、こんな台風の真っ只中に出て行くとはー。

もちろん、止めようとは思ったんだけどね。でも、晴れてきたから、良かった!良かった!

ホントもう髪がぼさぼさだったから、短くなってさっぱりしたなぁ。ふふっ

そういえば、昔、髪を切ったら、おはつ!って言って、頭を叩かれたんだけど

あれって何だったんだろう?北海道の風習なのかなぁ。もしかして、我が家だけ?


で、外に行ったついでに、今日は車の中で久しぶりにスピッツをいっぱい唄ってきましたよー。

最近は、なんとなく忙しくて、ゆっくり唄う時間も無かったし

ちょうど先客もあって、車で少し待ってたから、十分に唄えちゃったのだー!

やっぱり外の景色を見ながら唄うのが1番、気持ち良いよね。

台風だけど、空は割りと青空で、秋の空にはスピッツが良く似合うー。


 何もない 何かある この道の彼方に
 普通だけど 確かに僕の目の前に広がる


「海を見に行こう」という曲。

この道の向こうには何があるのか、それは行ってみなくちゃわからない!みたいな感覚が大好きです。

行ってみて、別に何も無くたっていいんだよねー。

打率3割なら、7回失敗しても3つは成功するんだし

いっぱい失敗したほうが、成功も増えて来るんだなぁ、これが。

70回失敗したら、30回も成功するんだよね。それってすごくない?

イチローが203本ヒットを打つのには、434回失敗してるというね。ふふっ

ホントいろんな道をどんどん行って、きれいな景色をいっぱい見てみたいです。


 おかしくて 吹き出しそうな時のいたずらに
 導かれ 僕らは行く 翼もないのに


楽しんで道を歩く!それが僕の目標でーす。あ!この曲は三日月ロックというアルバムに入っていますよん。





| | コメント (3) | トラックバック (1)

もう少し春休み

どうもです。昨日はまたサボっちゃいました。

ココログは、まだなおらないのかなぁ?

サイドバーのデザインが崩れちゃってるし、コメントのところも英語になってて

分かりづらいでしょ。ちゃんと動くようにはなったけど、あれは英語でいいのかなぁ。

誤作動して英語になってるだったら、なんか気持ち悪いよね。

ココログ仲間のりきちさんやきょーこちゃんのところはちゃんとなってるのに

やっぱり有料バージョンはダメなのかなぁ。

迷惑コメント防止システムがついたみたいだけど、あのアルファベットも見づらいよね。


甲子園は、なんだかすごい試合の連続で見ていてホント疲れちゃいます。

特に早稲田実業と関西の試合は、延長15回で決着がつかず引き分け再試合。

関西のピッチャーは、インドと日本のハーフでダースくんって言うんだけど

去年の夏の大会では、準優勝したチームに6点差を大逆転されて負けたんだよね。

自分がリリーフして、それから逆転を許してしまったから、ぼろぼろになって泣いたわけ。

もう全然立てないくらいにぐちゃぐちゃになって泣いてたんだけど

それから再起しての今大会。今度は引き分け再試合というすごい試合をしてくれました。

これは15回制になってから史上2回目のことだから、ほんとにすごいことなんです。

早稲田の斉藤君は230球も投げてたし、ホント選手生命も危なくなるくらいなんだけど

それでもがんばって投げてる姿に感動しちゃいましたね。

今日の試合はどうなることやら楽しみだなぁ。どっちも応援しちゃいそうです。

そういえば前に再試合になった時もベトナムのアン君がピッチャーだったりして

偶然にしては面白いよね。あのときは再試合も延長戦になったんだけどさ。

まぁ野球の話はあんまり気にしないでくさい。ふふっ


今日は最後にスピッツのネタです。

ベストアルバムの売れ行きも好調みたいだけど、やっぱりいいよね。

で、今日は有名曲で、涙がキラリを紹介します。この曲メチャメチャ好きなんだよねー。


 君の記憶の片隅に
 居座ることを いま決めたから


このフレーズだけでも、かなりグッと来るでしょ。

居座るって勝手に決めちゃってるところがなんか面白くてね。

でも、この曲のすごいところは、想像力を掻き立てるフレーズの数々。

中でも1番好きなのはこれ


 浴衣の袖のあたりから
 漂う夏の景色
 浮かんで消える骸骨が
 鳴らすよ恋のリズム


浴衣を着てデートに行くその場所は、もちろん花火大会。

花火が開くたびに、空が一瞬明るくなって暗闇の中に観客の顔が浮かび上がる感じを

浮かんで消える骸骨って言ってるんだと思うんだよね。面白いでしょ。

あえて花火って言わないところが、スピッツのすごさだよね。

何度聞いてもこのフレーズで、僕は顔がにやけてしまうのでした。ふふっ


それではもう少し、春休みを楽しみますね。

英語の表記は、設定をなおしたら治りました。

メンテナンスのあと、勝手に英語の設定に変わってたみたいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

途端に疲れが

なんだか春休みを決め込んだら、途端に疲れがどっと出てきちゃいました。

気を抜いたせいかなぁ。

今日は朝からだるい感じがして、天気も最悪だったから、お化けみたいにドヨドヨしてました。ふふっ

野球もあんまり見る気がしなくて、ボーっとしてたんだけど

そしたら届きました。スピッツのベストアルバム。

結局2枚とも買ったんだけどね、早速聞いたんですよ。

まぁ全部持ってる曲だけど、デビューシングルから順番に聞いてたら

疲労で曇ってた心にも日が差してきて、すっかりあおぞら気分が復活しちゃいました。

季節的には早いけど、ピーカンの空高くヒバリが鳴きはじめたみたい。

なんと言ってもスピッツのデビューシングルは、ヒバリのこころ!だからね。ふふっ

うれしくなって、疲れも忘れて唄いまくってたら、こころが開きっぱなしになっちゃいました。

 
 僕が君に出会ったのは
 冬も終わりのことだった
 降り積もった角砂糖が溶け出してた

 白い光に酔ったまま れんげ畑に立っていた
 目をつぶるだけで 遠くに行けたら良いのに

 
ヒバリのこころの1節ですが、この表現の仕方がメチャメチャ好きですね。

イメージをそのまま言葉に乗せてるんだろうなぁ。

惑星のかけらって曲はもっとすごいよ。


 君から盗んだスカート 鏡の前で苦笑い
 オーロラのダンスで 素敵に寒いひと時を


ちょっと変態も入ってるけど、ドン引きの寒さを、素敵なひと時と言ってしまう感性がいいよね。

まぁイメージするところは、冗談で彼女のスカートを履いてみたんでしょ?

そのまま鏡の前でダンスしてみるという、このバカさ加減。

これぞ名づけてオーロラのダーンス!って言って、彼女と二人、笑い転げてそうな感じだよね。ふふっ

りきちさんの家みたい。ちょっと違うかなぁ?

とにもかくにも売れる前の楽しいスピッツも聞けてしまう、素敵なベストアルバムでした。

そういえば、ヤフーにこのベストに入ってる曲のビデオクリップ集があります。

全部じゃないんだけど、25曲もあってウハウハしちゃいますね。

個人的には、有名曲をはずせば、裸のままで冷たい頬あたりを聞いて欲しいなぁ。

でも、スピッツの本当のよさはアルバムに入ってる曲なんだよね。

スピッツがベストアルバムを嫌う理由はそこにあるんだと思うよ。


あ!今日で相撲終わっちゃったね。

なんだかすごかったけど、朝青龍と白鵬の火花散る人生劇場は見るものを引きつけちゃいます。

正直ワザと待ったしてるとしか思えない魁皇って昔から苦手なんだけど

今日はそれがワンポイントになって良かったかもしれないなぁ。

そして、決定戦の後、朝青龍が勝って俵におでこを付けてるシーンが感動的でした。

よし!来場所はもっとのめり込んで見てやるー!親方ゲームも好成績を目指すのだ。

もう力士のことは分かったし、安定して点を稼げる力士で基礎点を稼ぎながら

冒険的に爆発しそうな力士で上位を目指します。みんなと同じ力士じゃ差がつかないもんね。

バルトの動きが気になるところだけど、魁皇が残ると銀星も期待できそう。悪い考え方だけどね。

改めて相撲部に誘ってくれたMVBさんとりきちさんに大感謝です。

とってもいい時期に、相撲復活で、かなり楽しめちゃいました。やったー!


明日はPL戦。春休み真っ只中、体を休めながら野球を楽しみます。

秘かに絵も描いてるけどねー。ふふっ

| | コメント (7) | トラックバック (2)

船乗り

なんだかいろいろと考えなきゃいけないことがあって、おちつきません。

ちょっとブログにも集中できない感じです。

ということで、今日はスピッツネタを行ってしまいます。

船乗り("色色衣"収録曲)という曲です。こちらもはじけるほど明るい曲なんだけどね。

 もうチョイな俺のままで
 力まかせせに漕ぎ出せば
 ネービーの雲 赤い空
 わたる鳥も一緒に唄う

もうチョイな俺って言うのがとっても好きです。

僕は完璧じゃない。もうちょっとなんだけど理想の自分までは行っていない。

そんな気持ちをあらわしたフレーズ。

そして、そんな自分のままで、力ずくで大海原に漕ぎ出していくっていう前向きな歌です。

ひとは何かをしようとするとき

自分の能力を考えて自分には無理などと感じることがあります。

まぁレベルにもよるけどさ、何か目標に向かって準備をするとしても

あまりにもそれにこだわると結局は何も出来ずに終わってしまう。

自分も含めて、そうやって絶好のチャンスを逃がしてしまうことが良くあります。

だから、ときにはこの曲のように見切り発車するくらいの思い切りの良さがあってもいい。

そんな風に思うと、ものすごく元気が出てくるんだよね。

曲調から言っても気持ちが軒並み急上昇。がっちり気合が入ります。

わたる鳥が一緒に唄うって言う感覚もメチャメチャ好きですね。

力ずくな旅立ちって、意外と胸が膨らむし

普通に鳴いてる鳥が自分に同調して鳴いてるふうにも聞こえてくる。

ファンファーレのように、この旅立ちを祝福してくれてるとも思ってしまうのです。

なんかいいなぁ。

 水平線の向こうには
 何かありそうな気がしてる

これもいいよね。何があるかのか分からないけど、がんばってたどり着いたら

きっと何か良いことがある。そんな気持ち。

まぁそんなのは別に気のせいでも良いわけで、それでがんばれるならこっちのもの。

信じるってきっとそういうことでしょ。間違ってても文句は言いません。ふふっ

そして最後に

 風に聞いてくれ

どこまで行けるか、どこまでやれるか、そんなことは知らないよって言う感じ。

結局、結果を気にしたら何も出来ないということでね。

一生懸命やったら、あとは野となれ山となれ。人はできることしか出来ないからね。

船乗りだけに風のみぞ知る。星を見て進め!だね。

まぁほぼ僕の理想の生き方を唄ってる歌ですな。

なかなか出来ないことだけど、いつでもこの歌聴いてたら、少しはそれに近づいていけるかもね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ナンプラー日和

ここ数日、疲れが出て来て、体調とリズムが少しおかしくなって来たわけですが

いろんな人にコメントやメールで励ましてもらって、とてもうれしいですね。

そんなに酷いスランプでもないのですが

こんなにも応援してもらえてるってことに改めて驚きと感謝を感じています。

本当にありがとうございました。

無理はもちろんしないつもりですが、みなさんの応援に答えられるよう

これからもますます元気にがんばろうと思います。


ところで、励ましのメールをくれた友達が、実は自分もちょっと落ち込んでいたんだけど

この間のスピッツの記事で元気になったって言ってくれたんです。

励ましてもらえたのもうれしいけど、僕の言葉で元気になったって言うのが

すごくうれしかったですね。

まぁ正確には僕の言葉というよりもスピッツの言葉なんだけどさ。

スピッツなら元気になれる言葉が山ほどあるし、そういうことなら

少しずつ紹介して行っても良いのかなぁなんて思うわけです。

僕もここ2,3日はゆっくりしてるっていうか、ほとんどダラダラしてるんだけど

ひさしぶりにスピッツを唄いまくって、少しずつ元気を取り戻しつつあります。

ということで、スピッツにナンプラー日和という曲があります(スーベニア収録曲)

これがかなり元気の出る曲で、鳥の鳴き声から始まる沖縄テーストな明るい歌です。

 腹が減るなら大丈夫
 香るナンプラー遠くから

というのも、のほほんとしてて良いんだけど、この曲はいくつもすごいことを言っています。

 遠慮はしないで 
 生まれたんだから炎になろうよ
 考える前に燃やせ

もちろん考えることは大事なことだけど、考える前に動け!という感じが大好きです。

まぁ頭が先か、心が先かという話だけど、心に突き動かされるというのは

なんか情熱的で気持ちがいいなぁと思うんだよね。

どっちかというと頭はブレーキをかける方向に働きがちだし

できることなら損得勘定は取っ払って

こころのままに思い切りなんでもやっていけたらいいな!って、この曲を聴くとすごく思います。

バランスも大事だけど、どうせダメなら、ダメもとで全力!にやっぱりあこがれちゃいますね。


それから、これね。

 散らばるカケラ つなげたら
 宝の地図になったよ 

カケラとは何か一言も言ってないけど、僕が思うに、うれしいことや楽しいことや

そういう小さなしあわせもあるだろうけど、それと同じぐらい苦しかったり悲しかったり

苦い経験だったりもするんじゃないのかなぁ。

とにかく良いことも、悪いことも全部含めて

自分の経験を総動員すると宝の地図が出来上がるって言う考え方が好きです。

それも宝の地図ということは、それ自体宝物ではないというところが面白いんだけど

それにしても宝のある場所を指し召すものである以上は

宝のある方向に向かって、自分の進むべき道が見えてくるというイメージなんだろうね。

それに宝の地図を頼りに宝探しに行っても、すでに宝物がなくなってる場合もけっこうあるわけで

その道を進んでも宝はないかもしれない。

それでもやっぱり宝を探して、みんな困難でも突き進もうとするわけで

それもまた人間の心理というところがたまらないね。

だって先のことは誰にも見えないんだからさ、失敗しそうな難しいことも

やってみないとできるかどうか分からないもの。

だから先が見えなくても、進む価値があるものなら迷わず行く勇気が欲しいよね。

まぁそんなことも考えてしまう。素敵なフレーズですね、これは。


そして、極めつけのフレーズはこれ。

 新しい踊りを発明した~

ちょっとマヌケな印象も受けるけど、それが良いところでもあるのかなぁ。

スピッツには踊るという言葉がよく出てくるんだけど、

これはいつも身の振り方っていう意味合いで使ってるような気じがします。

もっと言えば、生きかたってことにもなると思うんだけど

新しい踊りってことは、いままでにない自分流の踊りってことなわけで

そういう生き方を見つけたぞ!って言う、恐ろしく前向きな宣言なんだと思います。

やっぱり良いね。スピッツは。元気になる要素がたくさんあります。


まぁたまにはスピッツネタを書くということで、ブログもがんばって続けていきますね。

あんまり面白くないかなぁ。スピッツネタ。


そういえば、この間、臓器移植が必要な赤ちゃんの話を書いたけど

募金が集まってアメリカに旅立ったそうです。

後はドナーが見つかるだけということで、ブログに書いた以上は報告しておきます。

助かると良いね。七海ちゃん

| | コメント (8) | トラックバック (0)

スピッツネタ

あー!さっきからブログを書こうと格闘してるんだけど

うまくまとめられません。非常に調子が悪いです。

気分が乗らないのか、全然ダメなんだよねー。

一応ネタはあるんだけど、ちょっと難しい内容だったりして、まとめられません。

ということで、今日はやめときます。


仕方がないので、スピッツネタ。

スピッツにという曲があります。これがね、ものすごーく美しい曲なんだよね。

僕がスピッツを好きになった決定的な1曲です。

まぁ失恋ソングなんだけど、簡単に言うと彼女を力にがんばろうって曲かなぁ。

スピッツって、こういうところが前向きで良いんだよね。

もうね。恋にうまく行かない曲が多いんだけど、ほとんど後ろ向きな曲はないからね。

まぁそれは別に良いんだけど、この曲。


 かわるがわるのぞいた穴から 何を見てたかな
 1人きりじゃ叶えられない夢もあったけど


という詩があるんだけど、このフレーズを聴いて電気が走りました。

かわるがわるのぞいた穴って、すごくない?

昔よくあった木の塀って、枝の付け根の部分が取れて穴になってたんだよね。

これを聴いた瞬間に、その穴を二人で交互にのぞいてる絵が脳裏に浮かんだんです。

そのね、なんとも仲良しな感じが、気持ち良いぐらいに思えたんだけど

その直後に、1人きりじゃ叶えられない夢があった、とくるんだよね。

これって、2人じゃないと叶えられない夢があったのに、叶わなかったって言う意味のことを

裏返しに言ってるわけですよ。なんかすごいよね。

物はストレートに言わなくてもいいということを知って、衝撃を受けてしまいました。

たぶんストレートに言わないほうが、多少のイメージを使って意味を考える分だけ

言葉に色や香りのようなものが出てくるような感じがするんです。

とにかく、仲良しな二人がうまく行かなかった様子を見事に表現してるなぁと思ったんだよね。

しかも、この曲はホントに聴けば聴くほど奥が深いんだけど、

ずっと聴いているうちに、たぶん二人が覗いていたものって

自分たちの将来だったんじゃないかなぁと思ったんだよね。

なんていうか、二人が考えていた将来のビジョンのようなものを

穴を覗くと言う行為に差し替えていて、自分は彼女と同じものを見てたと思っていたのに

実は違ったということを言っているような気がしてならないんです。

だからこそ、2人で叶えるはずだった夢も破れてしまったんだと思うんだよね。

もうね、スピッツの言葉遊びはすごいです。それ以来すっかりとりこ。

そこからたぶん8年ぐらいスピッツが好きなんだけど

すでにスピッツには魂を売ってしまったので、もう離れることは出来ませんね。ふふっ


ということで、おやすみなさい。

コメントを返す気力がないので、明日の朝11時ごろに返しますね。ごめんなさい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

空の絵

 優しくなれない時も 優しくされない時も
 隠れた空は青いだろう 今のまま

突然ですが、スピッツ「初恋クレージー」の一節。

今日から新しい絵を描いてるんだけど、空の絵を描いているので唄ってみました。ふふっ

この歌、大好きなんだよね。

なんていうか、これを聞くと、空がキレイということに気がつくんです。

自分がいっぱいいっぱいで、人にやさしくできないときにでも

屋根の向こう側で、空はお構いなしに青い!ということで

ちょっとだけでも空を見る余裕があれば、自分がどんな状態にあっても

周りに気配りできるんじゃないかなぁと、思うんだよね。

そうすると自分のことも1歩引いて見ることができるだろうし、こころも晴れてくるはず。

僕が空を好きになり始めたのも、スピッツのこの曲を聴くようになってからだと

思うんだけどね。スピッツと空に支えられている僕です。わはは


それで、いま描いてる絵は、平井堅のビデオクリップなんだけど

「キミはともだち」の1番最後のシーンです。CG?で描いた空なんだけど

すんごくキレイなんだよね。こういうのなんて言うんだったかなぁ?模倣?

まぁ人の絵を真似するのも良い練習だと思って描いています。

なんていうか光の線がいっぱい入ってて、光のシャワーって僕は呼んでるんだけど

それが、ものすごくキレイで、こころがあらわれちゃうんだよねー。

僕もいずれはそういう絵を描きたいので、練習にはもってこい。がんばるぞー!

テレビを取り込んだやつだから、あんまりきれいに見えないけど

これを描いています。遠くにいる小さいドラゴンは描かないけどね。

tomodati-tv

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魔女旅に出る

あー!顔は難しいなぁ。前回のマサムネは目が無い感じの絵でしたが

今度は矢井田ひとみだけに、瞳があるので大変きびしいです。

なんかね、顔はそれなりにできたんだけど

頭は和田アッコさん。目は草なぎ剛。全体的にはキキキリンみたいなんだよね。

全然笑顔にならないのは何故?これはファンの皆さんに怒られそう。

また明日がんばろうっと。このままでは納得がいきません。くっそー!
 
 
さて、昨日のことでしたが、スピッツを聞いていて久しぶりに電気が走りました。

スピッツを聞いていると、ときどきこういうことがあるんだけど

はっきり言って、それが病み付きみたいなもんなんだよねー。

というのも、スピッツの詩は、比喩表現が多かったり、抽象的だったり

もしくは言葉足らずだったりして、意味の分からない物が多いのです。

おそらくこれはマサムネの高等な戦略でして、僕がスピッツを何度も聞いてしまうのは

その戦略にはまってるんだろうね。

何度も曲を聞いて、分からない詩の意味を考えたり

その世界をイメージするのがこの上なく楽しいわけです。

30歳のおっさんとしては、非常に気持ち悪い趣味なんですけどね。わはは

前置きが長くて申し訳ないんだけど、とにかく、そんな感じでスピッツを聞いてると

突然、詩の意味が分かる時があるんだよね。それが昨日久しぶりにありました。

それは魔女旅に出るという曲です。

いま思うとそんなに難しい詩でもないんだけどね。


ららら… 泣かないで
ららら… 行かなくちゃ
いつでも ここにいるからね


というサビの部分ですが、行かなくちゃ行けないのに

何で、いつでもここにいるからね!と言ってるのかなぁ?と

ずっと疑問に思ってたんだよね。そしたら、昨日ふと思ったんです。

これ。もしかして行かなくちゃいけないのは、自分じゃないんじゃないの?って。

つまり自分が行かなくちゃいけないわけじゃなくて、

旅立つ彼女に向けて、もう行ったほうがいいよ!と言っているわけです。

そういう意味で、行かなくちゃ!だったのでした。

そういう風に言う時あるもんね。ほら、早く行かなきゃ!とかさ。

これぞ、主語を必要としない日本語の難しさ。面白さでしょうね。

とにかく、行かなくちゃ!をそのように解釈すると

いつでもここにいるからね!というフレーズも、つじつまが合うわけです。

そいういえば、最初のほうに、旅立つ君を見ていた!というフレーズがありました。

たぶん想像するところ、この曲は、夢を追って上京する彼女を応援する曲なんだろうね。

昨日は、それに気がついた瞬間。ざわざわと体中に鳥肌が立ちました。

みごとに感電しちゃいましたよ。
 
 
ところで、いつでもここにいるからね!と、これは、とってもやさしい言葉。

ダメだったら帰っておいで!ってことでしょう?

旅立ってしまえば、その言葉もいつかは、うそになっちゃうかもしれないけど

でも、彼女がこれからをがんばるために、これほど適切な言葉のような気がするよね。

人を安心させるために、うそになっても、いい言葉。

なんだかいいなって思いました。その際たるものが大丈夫!なんだろうけど

僕もやっぱり、うそでもいいから人には大丈夫だよ!って言ってあげたいですね。

なんだか昨日は感電した瞬間に、そんなことも一気に考えてしまいました。

これだから、スピッツはやめられません。


そういえば、この曲には、すごくかわいい詩もあります。

手を離したなら すぐ 
ネコの顔で唄ってやる

手を離したならは、きっと出発したらってことでしょう。

そして、ネコの顔で唄う!は、何を意味してるんでしょうかね?

単純に応援してるってことかな? まぁ歌は応援歌ということでね。うん。

ネコにはなんとなく平和なイメージがあります。

日本人としては、まねきねこのイメージもあるかも知れません。

とにもかくにも、スピッツワールドは、まだまだ奥が深いようです。ふふっ


それでは、これからコメントとメールのほうに回らしていただきます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)