« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

一期一会

今日はレッスンの後

お見送りのついでに公園に行ったら

低学年くらいの男の子がいたんだよね。

で、こっち見てたから、あいさつしたんだけど

そしたら「怪我したの?」って聞いてきてさ

あれこれ話してたら、最後に飴をくれました。ふふっ

めっちゃかわいい。


帰りがけも遠くから「がんばってねー」叫んでくれて

僕も「ありがとねー」って叫びかえして

なんだか、とーても気持ちのいい散歩でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

プール

この間のテレビを見て

僕もあと五年で燃え尽きるって決めたんだけど

要は山ほどある目標の整理をしただけなんだけどね。。

それでかえってやる気がみなぎる中

今日はなぜかプールに入ってきましたよん。


30分、呼吸器なしでプカプカ浮いて

普段だったら考えられないんだけど

水の中で重力から解放されたら、呼吸が楽みたいなんだよね。

おととし同様、先生方を驚かせてきました。


で、名古屋のお医者さんが僕を撮影してて

今度、大学の講義で使うんだって。

こうやって人の役に立てるのは、この上ないしあわせだよね。


それにしても、プールはやっぱり気持ちいいね。

本当は昨日ぐらい暑かったら最高だったのになぁ。


今日はこれからフリートークレッスンなので、がんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレビ~

見てくれた皆さん、ありがとうございます。

みんなに宣伝しておいて、僕はまさかの録画ミス。

NHKオンデマンドでようやくいま見ましたよん。


思ったより進学うんめんっていう話じゃなかったけど

N君とかAちゃんとか、みんなの話がちょっとづつ聞けて面白かったね。

Aちゃんは、バンドのボーカルやってた子なんだけど

馴染みの子たちがいっぱい出てて、テンションあがりまくり。


そして、I君の大学での様子が見れたのが良かったね。

女の子がかわいくて、ちょっとうらやましかったりして。。

通信制は若い子がさっぱりいなかったからね。ふふっ


でも、寡黙な彼がああやって話してるとことか

キラキラしてる感じとか、やっぱ大学に行ける喜びや

自信見たいのが出てきてるんだろうなってうれしくなりました。


僕が大学のころは、まだ夜しか呼吸器じゃなかったし

I君よりもかなり体力もあったから

そんなに大変じゃなかったけど、I君は少し大変そうな感じだよね。

でも、こうやって夢に向かって進んでいくことが

やっぱり生きる目標だし、輝く手段だし、

僕も法政に行って価値観がガラッと変わったからさ~

良い経験がたくさんできるんだろうなって、すごく思うんだよね。

M君もI君に続いていけたらいいなぁと切に願います。

って、M君もM君らしくて、おもしろかったなぁ。


なんか見てて自分のことを思い出したりして、懐かしかったね。

まぁ命の授業は無かったし、

あんまり体のことは考えたことなかったけどね。

いまやりたいことをどうやってやるかとか、

そういうことしか考えてなかったかも~。

そしで、大学をフェードアウトしたころから

僕の英語も始まった感じかな? そうやって考えたら

僕が彼らのころには、英語とか何も始まってなかったわけだし

人生ってホント面白いなって思うのでした。

それにしても、僕も長生きしたもんだ。もう十何年も前だし。


ちなみにI君がK先生みたいになりたいって言ってましたが

K先生は英語サークルに来てて、TOEIC985点なんだよね。

ほとんど満点だから。。あの英語力は僕も憧れます。


そんなこんなで見てくれた皆さん、ありがとうございます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

告知でーす。

明日の昼前11時30分にNHK総合で

八雲病院のI君と、家から養護学校に通ってるM君の

ドキュメントがあるので、興味のある人はぜひ見てねん。

2人とも僕と同じ病気で

I君は、この春すごい努力で公立の大学に合格して

M君は、そのI君に続いて大学を目指そうとしてるところ。


大学問題はみんなぶち当たるよね。

僕もいろいろあったけど、結局は通信制の大学に行ったわけでさ

まぁそのあたりのドキュメントになると思われます。

それと八雲病院の取り組みも少しは紹介されるかもしれません。

僕がこんなに元気でいられるのは、八雲病院の先生方のおかげだし

その辺も出てくるとうれしいんだけどね。うん。


M君のうちとは、ミクシーと函館つながりで結構親しくしてるし

I君も英語関係で交流があって、僕のレッスンにも

何回か出てくれたりしてるから、2人がメインで出るのはとても楽しみ。


だぶん、リハビリの先生方も出てくるけど

僕が英語を教えてる先生たちです。ふふっ

 

ちなみにI君は英語を目標にしてて、

TOEICも受けたいと思っているみたいだから

やっばり代筆受験を制度として確立してもらうことは

とても重要だなって思ったりして

そういう意味でも、これからの人たちのためにも

TOEICの受験とか要望とか

僕もがんばらないといけないなって思うのでした。

自分のためにやることが、人のためにもなるんだよね。うん。 


そんなこんなで、明日のテレビの紹介でした。全国放送です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010 山車行列

山車行列行ってきたよー。

雨が心配だったけど、霧雨程度で何とかセーフでした。

今年もロスに頼んで五年生の教え子ちゃん姉妹と

一緒に行ったんだけど、

僕が待機場所に遅れて行くと

教え子ちゃんがいきなり外国人の人と話しててビックリ。

しかも、聞いたら、少し話せたって喜んでて

今年で二回目だから、すっかり外国人に抵抗が無くなってるみたい。

子供の可能性ってホントすごいよね。

01
 
 

で、今年は10人くらい外国人が参加してて

半分くらいは去年と同じメンバー。

カナダのトロント出身のグループが何人かいて

その中の男性が山車の上で、かなり盛り上げてくれました。

相撲取りの気ぐるみの女性も同じく山車の上でダンス。

その山車をみんなで踊りながら引っ張って行きました。

マカレナだったり、カエルダンス?だったり

他にも向こうでは定番らしい、簡単なダンス曲を何曲か繰り返して

ひたすらゆるく、楽しく、歌って、踊る外国人チーム。

教え子ちゃんたちは、最初照れて踊ったりできなかったけど、

チームのみんなに促されて、だんだんジャンプしたりしながら

最後はメッチャ楽しそうにみんなと踊っていました。

ちなみにロスはスパイダーのコスチューム。

おととしのハロウィーンで着たやつを引っ越すのにどうするか

悩んでたので、山車に着てくればって言ってたんだよね。

そしたら、ホントに着て来たみたい。八雲で「クモ」なんだろうね。
 
 
03
 
 
02
 
 
 
僕はと言えば、青い新撰組のハッピをかぶせ

警備の光る棒を背中に差し

去年以上に山車の周りをぐるんぐるん走り回って

楽しいアピール。元気アピールをして、楽しんでいました。

ダンスとかはできないし

今年は知ってる英語の歌がひとつもなかったので

僕も何か楽しんでる感じを表現しないと

ただそこにいるだけみたいだからね。


まぁ走り回ってるのは、人には少しアホっぽく見えたろうけど

筋ジスで、呼吸器、電動車いすの僕が

楽しいアピール。元気アピールをするのは、

いろんな人に感謝だったり、エールだったり

無言のメッセージになるっていう気持ちもあるので

意識的にやってたりもするんだけどね。

さすがに最初はちょっと抵抗もあるけど、

意識してやってれば楽しくなってきて

最後は普通に楽しんじゃってました。ふふっ


で、そんな風に楽しんでいたら

なんと途中で病院のレッスンで教えている

A先生とY先生に会って、先生方もそのまま飛び入り参加。

ふたりともメチャメチャ楽しそうに踊っていて

他にも中学生たちが飛び入りしたり

外国人チームはどんどん盛り上がって行きました。

しまいにはキャンプから戻った

うちの姉や旦那さんも参加しはじめて

気がづいたら僕の関係者でいっぱい。

おかけで最後の方はありえないくらい楽しかったです。


それにしても何がうれしかったって、

僕の英語が役に立ったって、A先生がすごく喜んでくれたり

Y先生も普通にコミュニケーションを取ってたり

教え子ちゃんも去年より英語が分かるようになったって

すごく喜んでて、僕のレッスンの成果的なものが

分かる体験がたくさんあったこと。もうホント感無量で

特に教え子ちゃんの成長ぶりには、ほんとビックリ。

外国の人とコミュニケーションを取ると言うことは

英語力だけじゃないってことも改めて感じたし

雰囲気とか、楽しむとか、笑顔とか、積極性とか

そういうことの方が大切なんだろうなって思いました。

そういう僕も去年よりスムーズに英語が話せちゃったりして

またちょっと上達したような気がしましたよん。


とにかく、みんなで参加して、外国人の楽しむ能力に触れ

体験して、楽しんで、英語を話す楽しさも体験できた

とても有意義な山車行列。

ここ数年でも一番ってくらい楽しかったです。


05_2
※ 子供たちが写っているので顔がわからないようにしています。


なんだか燃え尽きて、しばらく腑抜けになっちゃいそう。ふふっ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »