« ルーキーズ | トップページ | あおぞら号。動く »

山車作り。父、受難

ということで、土曜日は八雲のお祭りに出てくる

山車作りの講習会に行ってきましたよ。

公民館は近いので、歩いて行ったんだけど、引っ越して半年

なんと町を歩くのは、これが始めて。

つまり八雲デビューとも言えるけど、ちょっとテンションが上がりました。

公民館、なんか懐かしかったなぁ。


さて、八雲の山車行列は北海道三大あんどん祭りのひとつ。

山車作りというからには、山車そのものを作るのかと思ったら

なんとあんどんの絵を描く講習でした。

青森から毎年教えに来てくれてる、ねぶた絵師の大先生と奥さん。

それから、いまだ女子高生なのに

腕前はプロと言う若先生と三人で教えてくれましたよ。

習いに来たのは、20人弱。子供からお年寄りまで来てたけど

中には、お爺さんとお孫さんだったり

若い人では、カップルで来てた人もいて

そういうのも良いなぁと、なんだかうれしくなりました。

写真は、これで半分だよ。逆側にもう十人くらいいました。

200804199_2


その中で、僕は見学してて、僕の代わりに挑戦するのは父。

父は前回の巨匠対決で、鮮烈なデビューをしたほど、絵は苦手。

↓↓父の描いたペコちゃん↓↓
http://gomibako.cocolog-nifty.com/.shared/image.html?/kyosho/006/018-nobupapa-peco.jpg

↓↓巨匠対決↓↓
http://gomibako.cocolog-nifty.com/kyosho/2006/12/post_e2a8.html

「オレが海の絵を描けば、海に青。空にも青を塗って青一色の絵が出来る」と

いつも豪語しておりますが、僕が見に行くと言ったことで

絵を描くことになってしまったのでした。ふふっ

まさか絵がメインの講習とは思ってなかったので

はからずも父にとって、大変な状況になっちゃっいましたね。


で、絵は何枚かある原画から好きな絵を選んで描くんだけど

父は顔どアップの武者の絵を選びました。

200804191

それを縦1メートルくらいの大きな紙に描き移すんだけど

紙と絵の両方を4×6の格子に線を引いて

あとは原画をその紙に、同じ比率で大きく書き写していくんだよね。

下書きにあたる部分。

気合を入れて書き始めた父、確かに上手とは言えないかもしれないけど

はじめてにしては、それなりに形になってて、顔だけは出来たんだけど

そしたら、なんと奥さん先生にダメ出し~。

「全部間違ってる」と言われ、おもむろに消しゴムを出して、消し始めるー。

えーーーー。うそーーーん。突然すぎて僕もビックリ。

下手なりにも、完成させるという方法もあると思ったけど

きっと先生的に妥協できないレベルだったんだろうね。

全部消されてしまいました。あちゃ。

だけど苦手な絵なのに、1時間程度、なんとかがんばってそこまで描いてたから

父もただ笑うしかなくて、さすがにショックを隠しきれず。

うわー。父は僕の代わりなのにー。60歳にして、受難のとき。

ほんと、そんなに間違ってなかったと思うんだけどなー。

ちょっと大きすぎたり、小さすぎたり、ゆがんでたりはしてたけどね。


そんなこんなで振り出しに戻った父、なんとか目と鼻ぐらいは描いたけど

結局「ダメだー。父さん、ギブアップだー!」と

少し裏返る声で諦めてしまいました。

そりゃそうだよねー。たぶん相当疲れたと思うよ。

そしたら、先生がその続きを書いてくれて、次の工程の墨で描くとこも

溶けた蝋で描くところも、ほぼ全部やってくれちゃいました。良かった。良かった。

200804192


後は色塗りだけど、僕と相談してやりましたよ。

完成品がこれ。

200804193

左肩も赤く塗ればよかったけど、とりあえずこんな感じです。

中間に黄色ってことは考えたんだけどね~。

でも、初めてにしては、良い感じかなぁ。もちろん、先生がほぼ書いたんだけどね。


それにしても、みんなも少しずつ先生にやってもらってたけど、

ほかの人はみんなすごくうまくて感動しました。

始めても人も結構いたけど、やっぱり興味があるだけあって、うまいよね。


僕も、ただただ感動して、すごーい。うまーい。と連呼してしまいました。

以下、他の人の作品です。

200804194

200804195

200804196

200804197


父は受難だったけど、来年も行くと言っていまーす。

それなりに楽しかったみたい。ふふっ

それとそれと、僕が通ってたころの幼稚園の保母さん。いま園長先生なんだけど

この講習に参加してしてました。今度の英語にも参加するようで

これからいろいろと交流があるかもしれませんね。ふふっ


明日はいとこが遊びに来るみたいです。あさっては車椅子の件で病院。

今週も忙しいのう。がんばりまーす。

|

« ルーキーズ | トップページ | あおぞら号。動く »

コメント

のぶさん、こんばんは。

楽しそうなお祭りですね。絵も本格的なすごい絵ですね。
これをみなさん描かれたのですか?上手いですね。
お父様も上手ですよ。色もいい感じだし。色の指定はのぶさんでしたよね。流石です。(^o^)
お父様のペコちゃん、愛嬌がありますね。ペコちゃんの絵は分かるのに、いざ描こうとすると、???ってなっちゃいます。

幼稚園の時の保母さんに今も覚えてもらえているのですね。いいなぁ~。私は偶然会った時、まったく気づいてもらえませんでした。(-_-;)がっくり。ただ、保育園の時の給食のおばさんに覚えられているようです。どんなんや~
ますます、英語楽しみになりますね。

ルーキーズ観ましたよ。殴られるシーンとか、怖かった~。
最後って甲子園に行くのかな?
ごくせんより、生徒が大人ですね。(ーー;)生徒?って思えるのが面白です。(笑)

投稿: チョコ | 2008.04.23 22:10

のぶさん、今晩は!!
のぶさんのお父様、お疲れ様でした!!いやいや、大変でしたね。折角気合を入れて描かれた絵なのに・・・・敢え無く消されてしまったとは・・・・!!トホホホ・・・・ですね。先生にお手伝いいただかれての絵、なかなか勇壮でいい感じですよ。すでに、来年も参加されるとの事。さすがのぶさんのお父様だけあって素晴らしい前向きな姿勢に感心致しました。
こんなに大きな絵は難しいのでしょうね。
昨年、青森で「ねぷた」を見る機会がありました。(ホテルのイベントで)とても勇壮でした。
何事にも挑戦する、体験する・・・・・。そのお父様の教育方針・生き方がちゃんとのぶさんに受け継がれているのですね。
のぶさんの不屈の精神の根源を見た感じがしました。
英語、楽しみですね。又報告を楽しみにしています。のぶさんの語学力は凄いのですね。語学も又まさしく努力の積み重ねですね。私も語学は嫌いではなかったのですが、「努力」に欠けていたのでしょう。何語もダメです。日本語すら怪しいのですから・・・・・。
お体大切に毎日楽しい事がたくさんありますように、いえ、楽しい事をたくさん作って下さいね。
のぶさんのお父様バンザ~イ!!

投稿: RBCの後輩・・・・・Y | 2008.04.23 23:25

チョコさん

山車行列は、僕も10数年前に見たきりなので
ここまで発展するとは、ビックリです。
このような行事にも参加できたので、
今年は気合を入れて見に行っちゃいそうです。
大きなあんどんを見ても、いろいろと実感できそうですね。

ペコちゃん。髪の毛がなくてビックリですよね。
自分で描いて爆笑してましたもん。ふふっ

幼稚園の頃、僕は既に転びやすい子供だったので
年少の歳で、年長さんに入れてもらったりしてたので
覚えてるのかもしれません。
僕は幼稚園で年長さんを2回やってるので
ある意味、幼稚園で落第しちゃいましたねー。ふふっ

ルーキーズ。確かに暴力シーンはすごいですね。
でも、ドラマとしては、良いなぁと思います。

投稿: のぶ | 2008.04.24 21:07

Yさん

父の絵が消されちゃったのは、なんだか
気の毒な気もしましたが、また武勇伝が出来たねって
父と話していますよ。
先生が続きを描いてくれたので、これは飴とムチだなぁと
思いました。フォローがちゃんとあったので
父も来年も参加する気になったのかもしれませんね。

今回で全体の流れがわかったので
来年はもうすこしいい感じで、進むと思いますよ。
僕も色塗りで左肩を失敗したので、父と共にリベンジです。

Yさん、ねぶた見たんですね。
僕も小さいときに二回ぐらい見たんですよ。
あのリズムと勇壮な山車が今でも思い出されます。
八雲のお祭りはそこまでは行かないけど
今年は久しぶりに、見に行くのが楽しみです。

英語もありますし、楽しみが増えてきました。
家族ともどもますます元気にがんばりますからね。

投稿: のぶ | 2008.04.24 21:44

のぶさんのお父様がんばりましたねgood
最初に下書きを消されて書き直しだなんてアクシデントもあったけど、めげずに頑張りましたねshine
それにしても、ねぶたの独特の絵柄ですもの難しいですよね~
大胆かつ美しいheart04
なんか、みなさんの色々な作品を見てたら私も描いてみたいなぁ~って思いました。
ヒゲもじゃの男らしい感じや、しなやかな女性がいて、色使いも大胆で、挑戦した事のない世界です。
山車が楽しみですね~~shine

投稿: aiちゃん | 2008.04.28 08:43

aiちゃん

ほーんと絵が苦手なのにがんばったと思いますよ。
途中ギブアップしましたが、先生が書いてくれたので
少しずつ手伝って何とか完成できました。

ねぶたの絵はホントすごいですね。
詳しくは分からないけど、こういうのって
大和絵って言うのかも。
すごくかっこよくて、惹かれますね。
どの世界も奥が深いです。
ぽてとんの人形作りも一度見てみたいなぁ。

投稿: のぶ | 2008.04.28 22:15

あら~ん、のぶさんhappy01
今日、花の記事を載せてしまいましたが、今朝までは
人形作りの記事が出てたんですよ~up
のぞきにきてくださいね~んshine

投稿: aiちゃん | 2008.04.28 22:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74837/40957442

この記事へのトラックバック一覧です: 山車作り。父、受難:

« ルーキーズ | トップページ | あおぞら号。動く »