« ボクシングとマラソン | トップページ | 独眼流政宗 »

つぼみとカバちゃん

わーい。廃盤になってた三角堂の「つぼみ」を友達が見つけてくれました。

アマゾンの中古でプレミア的に9800円になってたから

全然手が出なかったけど、手に入って、すごいうれしいで~す。

なんだか、それもすごくうれしかったけど

僕が「つぼみ」を欲しがっていたのを気に留めておいてくれたのが

何よりもうれしいです。やっぱり持つべきものは友達ですね。

5月までCD我慢と言いましたが、これは特例にしちゃうのだー。


ところで、日曜日にやっていた「わたしがこどもだったころ」で

カバちゃんをやっていました。

なんかテレビ的に、無理しておねえキャラをやり過ぎてた時期もあるけど

カバちゃんの生き様って、すごく好きなんだよね。

子供のころから、親のことで、すごく苦労してて

でも、自分で人生を切り開いて、ニューヨークにダンスの勉強に行ってさ

すごく偉い人なんだよねー。

いまウィキペディア見たら、慶応大学出てるんだって。

これは初耳だけど、なんだかすごいね。

で、今回は子供のころの話を、改めて見たんだけど

自由人のお母さんが彼氏を作って家を出たり入ったりしてて、

お母さんがいないときには、カバちゃんが家の仕事をしてたんだよね。

料理したり、洗濯したり、でも、お父さんには

女みたい話し方を注意されたり、家事のやり方が悪いって怒られたり

家事をやってるだけでも偉いのに、なんだかかわいそうでさ

で、結果的には弟を連れて家出。

男と住んでるお母さんの家に行って住むことになったんだよね。

なんか親の都合で離れ離れになるって言うのは聞くけど

自分から行動を起こせるっていうのがすごいと思ってさ。

たぶん、そうやって子供のときに鍛えられたたくましさで

今まで、ずっとやってきたんだろうなぁ。

で、カバちゃんの1番好きなエピソードは、振り付け師になったときの話で

華原朋美が振り付けをするのに男性はNGという時期があって、

それで女性っぽいカバちゃんが選ばれたということ。

踊りは男性で、中身は女性っていうカバちゃんは、

ある意味最強なのかも知れないど

ゲイだったために選ばれたって言うのは、本当に素敵な話だよね。

やっぱり自分の持ってるどんな側面も武器になるってことを

教えられるエピソードだよね。これからもカバちゃんを応援しようっと。

ちなみにうちの父はカバちゃんのことを

「カマちゃん」という名前だと本気で思っております。ふふっ

確かに発音は似てるけど。 
 
 
あれ?直太朗(森山)と小木さんが、一緒にテレビに出てるー。

なんか似合わない義兄弟だけど、ウケるよね。

|

« ボクシングとマラソン | トップページ | 独眼流政宗 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74837/40467478

この記事へのトラックバック一覧です: つぼみとカバちゃん:

« ボクシングとマラソン | トップページ | 独眼流政宗 »