« 独眼流政宗 | トップページ | 病院に行ってきました »

影絵アーティスト藤城清治さん

いやいやいやいや。またすごい人がいました。

単純に僕が知らなかっただけで

もともと知る人ぞ知る人なのかも知れないけど

それは、影絵アーティストの「藤城清治」さん。

先週はカバちゃんだった「わたしがこどもだったころ」で今朝やっていました。

すでにご高齢で80歳を超えていますが、その作品群は驚愕の美しさ。

それでいて見た瞬間にストーリーが溢れ出して、メロディーも流れ出す感じ。

ホントこの生き生きしたメルヘンの世界はなに?って

朝から「すげー」と何度も叫びまくってしまいました。


でね、何がすごいってさ、彼の作品もそうなんだけど

今日の僕の本当の驚きは、彼の言葉とその生き様。

まず「僕はアマチュア。ただやりたいことをやってるだけの子供」と

笑顔で言い切ったところに、衝撃を受けました。

これだけの物を作っておいて、

自分はプロじゃないと言い切るなんて、すごすぎる。


きっとさ、何かをやるのにプロとかアマとか

そんな言葉は全然関係ないのかも知れないよね。

プロが偉くて、アマはダメなんてことは全然ないんだし

ただ生活するにお金が必要ってだけのことで

生活さえできれば、プロだろうがアマだろうが

自分の作りたいものを作れさえすればそれでいいみたいな。

そういうアーティストの心意気のような物を見た気がしました。


それから、藤城さんには子供のころから絵の才能があったんだけど

でも「画家になりたいなんて、これっぽっちも思わなかった」

「ただ描きたいから描いていただけ」だっていうんだよね。

僕もその感覚はすごく分かるんだけど

それを聞いて、ひとつ思ったのは、夢見る力っていうのは良くあるけど

もしかしたら、夢を見ない力っていうのもあるんじゃないかなっていうこと。

好きなことをやり続けるのに、きっと夢なんて関係ないんだよ。

夢があろうがなかろうが、目の前にあるやりたいことをとにかくやる

それってものすごく素敵な気がしました。

いまの時代、夢を持て!って良く言うけど

夢なんて人に言われて持つもんじゃないもんね。

逆に夢というものに惑わされることだってあるんだし

夢に縛られるずに突き進む自由さって、実は強力な武器だったりする。

目的地が決まってるより、自由にどこにでも行ってしまうのも面白い。

きっと夢を持つ人は黙ってても夢を持つだろうし、別に強制する必要もないくて

それよりも好きなものを黙ってやらせてあげた方がいいのかもしれないいね。

別に夢があったわけじゃない藤城さんは、夢を見つけられない人たちの

大きな救いになるような気がするなぁ。


あと年表にあったこのくだりにグッと来ました。

1944年、海軍予備学生となり、翌年少尉任官(20歳)、九十九里浜沿岸防備に就くも、赴任地で指人形を使い少年兵らと共に慰問演芸会を行う。

1947年、人形劇と影絵の劇場「ジュヌ・パントル」を結成。(「ジュヌ・パントル」は後年、「木馬座」と名称変更)東京興行(テアトル東京)入社、宣伝部勤務。


慶応を出てるから、エリートとして戦争にも参加した(させられた?)のかも

知れないけど、そこで指人形をしちゃうのがすごいよね。

そして、社会人としての出発とともに人形劇と影絵。

これぞ「僕は子供だって」言い切る藤城清治さんの生き様だよね。


ということで今日は朝からたっぷり感動しちゃいましたとさ。

作品ともども、藤城清治さんを尊敬していきたいなぁと思います。

見たことある絵だよね。

http://www.seiji-fujishiro.com/nn4/index.html

 
なんだか文章がまとまってなくて、ごめんなさい。


ちなみに相撲は、今日の段階で総合29位。幕下で7位になりました。

今場所はいつになく絶好調の僕です。

|

« 独眼流政宗 | トップページ | 病院に行ってきました »

コメント

のぶさんこんばんは。

私が子供頃、この方の影絵人形劇?をテレビで良くみました。
昨年だったかな?この方の特集みたいなテレビを偶然見たことがあって、懐かしいなぁ~って言うのと、絵がものすごくなってるってびっくりしました。白黒のイメージがあったのだけど、キレイですよね。しかも80歳越えてなんて・・・信じられません。だって、かわいい~んですもん。

あ~~~こんな才能欲しい~~~。

お相撲29位・・・すごい。
幕下7位って、着実に上位になっていってますね。

千代の富士と会えたなんて、うらやましい~。
私、お相撲をあまり見ないのに、千代の富士だけは、すごいお相撲さんだぁ~って、思ってました。富士山のような、体格に美を感じましたよ。いいなぁ~。

投稿: チョコ | 2008.03.17 00:51

チョコさん

藤城さんの作品、みんな知ってて驚きました。
ミクシーと言うところにも同じ記事を載せているんですが
みんな知ってるようでしたよ。
どうやら子供番組を席巻してたようですね。
なんとなく僕も見たことがある絵だと思ったんですよー。
雅子様もファンなんだそうです。

相撲は今日、49位まで下がりました。
ちょっと成績が悪いとすくに落ちてしまう
難しいゲームです。
僕ももうすぐ十両に上がれる位置なので
なんとかここら辺の位置をキープしたいものです。
がんばるのはお相撲さんですが僕もがんばります。ふふっ

千代の富士は体が小さいけど
実際に見ると大きかったですね。
現役バリバリのときに相撲見たかったですね。

投稿: のぶ | 2008.03.17 20:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74837/40525717

この記事へのトラックバック一覧です: 影絵アーティスト藤城清治さん:

« 独眼流政宗 | トップページ | 病院に行ってきました »