« 恋バス | トップページ | ドカ雪 »

人間イチローの魅力

NHKのプロフェッショナルという番組、スカシカオの主題歌が

とっても爽やかなんだけど、

それはともかく昨日は我らがイチローさんの特集でした。

これがすごく面白くてね、人間イチローの横顔を見ました。


少し前にイチローが川崎宗りんを叱りつけたと言う話もあったけど

昨日のイチローは、いつになくノリノリで、まるで子供のよう。

「これが家での僕で、普段はもっとすごい」と自慢げに話すイチローは

オレの性格は最悪だと言って

「確信がなければ行動できない」と言い切ります。

ドラマは再放送しか見れないし、確実に面白いと分かってるものしか見ない。

好きな人にも、相手から好きと言ってもらわないと、

自分からは好きとは絶対に言えない。

うそーーーん。天下のイチロー、すごいこと言うね。

さらにイチローモデルの立派なユンケルケース?をもち

きれいに並んでいるユンケルを眺めて、これぞアートだと言い切るイチロー。

また食べ物は、体のことなんてまったく考えずに

食べたいものを追求して食べる。これもまたイチローの意外な一面。

練習も同じようにやりたいものだけをやるというのが

モットーになっているようです。

イチローはすべて確信を持って行動する人なんだろうなぁ。


やっぱり天才はちょっと変な人じゃないとダメなんだろうね。

こだわりや自分の感覚を、周りの声や不安になりそう自分の弱さに

左右されるずに信じきる。それが現実の壁を打ち破る力になるんだろうなぁ。


そんなイチローは、理詰めの野球哲学でバットを選んでいると思いきや

15年前に試しに握ったバットに一目ぼれして

「オレはこのバットと結婚する」と決めたそうな。

一般にはセオリーを無視している難しいバットだけど

自分の感覚を大切にして、じゃじゃ馬バットを使いこなし

数々の輝かしい記録を積み上げてきたんだよね。

これぞ侍イチローのすごさ。

しかも、すでに体の一部と化しているバットの感覚をなくしたくないので

人のバットは決して握らない。手に嫌な感覚が残ってしまうと

自分のバットも体の一部じゃなくなってしまうという話。

すげぇ。浮気は絶対にしないのね。


さらに続けて「オレはものすごい満足人間」と語るイチロー。

満足したら、それ以上伸びないって言う人もいるけど

達成したら満足することは大切で、

ひととき満足に浸っていても、そのあとに次に求める何かが出てくると言います。

それをみんなにも勧めてましたよ。

やっぱり前に進むためには「満足プラスアルファー」ってことだよね。

満足することなしには、しあわせにはなれないだろうし

登りきった足元に実感がないと、次の一歩も弱々しくなるみたいなさ。


なんか文章がおかしくなってきたので、この辺で終わりますが

人間イチローの魅力全開の素晴らしい番組でした。

イチローの夢は「50歳で4割を打って引退」なのだそうです。


今日は母が抜糸で、札幌に行っています。

いま電話があって、もう終わって帰ってくるところだそうです。

|

« 恋バス | トップページ | ドカ雪 »

コメント

プロフェッショナルは時々見ています。
各界でトップに位置する方々の考え方とか、
仕事に対するこだわりとか
もちろん自分とはかけ離れた世界ですけど、
何かしら心に響いてくる言葉なんかがあって興味深いですよね。
イチローの特集、2回とも見ましたよ。
人並みならぬ努力ももちろんあるでしょうけど、
何より持って生まれた感覚が素晴らしいのでしょうか。
満足した後には、必ず次の目標が見えてくるって言う考え方にも納得。
そうやって次々と自分を高めていく姿は、やっぱり輝いてますね!

お母様の経過が順調そうで何よりです^^

投稿: kuro | 2008.01.24 15:33

kuroさん

プロフェッショナル面白いですよね。
プロジェクトX も面白かったけど
どちらもすごく勉強になります。

イチローの正月の特集は見れませんでしたが
再放送があるので、そちらを見ようと思っていまーす。

やっぱり自分の感性感覚は大事だと思いますが
それを押し通せる強さがイチローなんでしょうね。
自分に厳しくないと
我を通すことも、できないと言ってましたが
単に我を通せばいいという話ではないですもんね。
その辺がすごいと思いました。

投稿: のぶ | 2008.01.24 17:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74837/17795530

この記事へのトラックバック一覧です: 人間イチローの魅力:

« 恋バス | トップページ | ドカ雪 »