« 告知 | トップページ | ただいまー »

ついに引越し

明日は、ついに引越しです。

僕の体力リミットは4~5時間なので、ギリギリまで横になってて

準備が出来次第、出発する予定です。さて無事にたどり着くでしょうか?


さて僕が養護学校に入るために函館に来てから、22年と半年。

歩けなくなったばかりの小4から32歳まで、思い出と言えば山ほどあるけど

まずは小学、中学の頃は学校に通いながら、かなりの勢いで遊んでたことを思い出します。

八雲にいた頃みたいに毎日、友達が来てって事はなくなったけど

数少ない養護学校の友達がたまに兄弟を連れて遊びに来てくれたり

ときには姉の彼氏を横取りして遊んでもらったりもしましたね。

ファミコンも登場してきたので、1人の時間はゲーム三昧

そして、父が家にいるときは常にドライブに行くパターンでした。

本当にいつもドライブしてたので渡島半島南部は林道も含めて、ほぼ完全制覇してると思います。

夏休みはキャンプと旅行に行き捲くり、旅行に関しては北海道全域もほぼ制覇しています。

オホーツク地方だけは、行く途中で足の骨を折って断念したけどね。

でも、星がきれいな日本最北端の礼文島には行ってきましたよ。

その頃はやっぱり息つく暇が無く動きまわっていましたね。


それから中学、高校ぐらいの頃は、父が後輩の若い警察官をどんどんうちに連れてきてくれて

僕の友達不足を埋めてくれました。おかげで僕にはお兄ちゃん的な人がたくさんいて

勉強を教えてもらったり、巨大プラモデルやテレビの分解をして遊んだり

定期的に麻雀大会をして、そのあとの宴会でいつも大騒ぎ。

みんなで毎年のようにキャンプにも行きましたが

そういうのも、とっても懐かしい思い出です。悪天候の猛烈キャンプなんかもあったね。


それから高校は入試で大騒動。せっかく出来た高等部でしたが

条件外の強行受験なので落ちる可能性が大きい中

いろんな運動がまき起こり、新聞に載るほど大騒ぎになって奇跡の合格。

僕の知らないところで支えてくれた人も大勢いたと思いますが

みんなのでっかい愛情に、とてつもなく感謝しています。


そうやって入った高等部では、新設の学校だけに良い先生が揃っていて

同期のメンバーとそれはそれは和気あいあいと楽しい高校生活。

2年生の時には、そんな先生方の加勢で、警察の皆さんと駒ケ岳の車椅子登山に成功。

3年のときは先生方の野球を毎試合熱狂応援して、見事準優勝したというのも

かなりの思い出。高等部があまりにも居心地が良かったので

卒業後も先生方の協力で同期のメンバーとは良く集まり

何度か旅行にも繰り出し、札幌、青森、大阪、東京にペタペタ足跡を残しております。


高校を出ると今度は東京にある通信制大学へ。家にいながら勉強し

夏冬のスクーリングでは8回ほど東京に行って、大切な出会いと経験をたくさんしながら

本人の努力不足であえなく挫折。それでも得る物は絶大でした。


さらにそのあとは英語に燃えて、EC英会話に8年通い、途中からは個人レッスンも

受けながら楽しい出来事も多数。ブライアンのアパート騒動は最大の思い出です。

その後、24時間呼吸器になったので、英検準一級とIAクラスの目標の達成の末

英語は終了。あれから3年、いまや僕の英語力は、かなりヤバイ気がします。


それからブログと絵を始めていまに至るわけですが、

もう少し書いておきたいのは、いろんな物を見に行ったこと。

ラグビーが好きな頃は、近くのグランドに北海道大会の試合を何度も見に行ったし

札幌には当時の日本チャンピオン東芝府中の試合を見に行きました。

また函館で毎年やってるアマチュアボクシング大会も何回か見たし

闘犬の全国大会を見に行ったことも良い経験。

プロ野球も何度か見に行き、地元の阪神ファンクラブに入って選手と会ったりもしました。

お笑いライブはボキャ天ブームのころに、TAKE2とかアリキリ、ブーマーあたりも見たし

コロッケときみまろさんの単独ライブはそれはそれは楽しく

劇団四季のミュージカルとか、長嶋茂雄の講演も行ったんだよね。

そして最近は、ライブコンサートに行き捲くってるわけで

考えてみれば、函館って文化、スポーツ系も意外とがんばってる街なのかも知れないなぁ。

そうそう。ハーフマラソンもあったね。三回ぐらい見に行ったかな?


僕の函館生活、いまざっと振り返って考えると

本当にいろんなことがあって、感慨深いなぁ。

やっぱりどこをどう見ても僕ってしあわせな人間だよね。

やりすぎなぐらいの人生を、人の3倍は楽しんでる気がしますが

だからこそ、何があっても凹まずに明るく行く。それが僕のモットーなんだよね。

そうじゃないと、いろんな人に申し訳ないもんね。


というわけで、函館のみなさん、本当にありがとうございました。

そして、函館の街にさようならです。

八雲に行っても、最後の人生を有意義に生きれるように、まだまだがんばりますからね。


それでは、行ってきまーす。


|

« 告知 | トップページ | ただいまー »

コメント

落ち着いたら遊びに行きますからね~(お互い)
行ってらっしゃい気をつけて!

投稿: 涼 | 2007.10.05 17:21

もう八雲の新しい家で休んでるかな?
引越しお疲れさまです!まだまだこれから大変だろうけど^^;
向かいのおばさん(おばあちゃん)、本当に別れが寂しかったみたいね!
そんな気持ちが伝わってきて、切なかったよ!
函館では、本当に良い思い出いっぱいだね!命がけで行ったアメリカ旅行が抜けてるみたいだけどw
大好きな土地での新しい暮らし!これからも、楽しく過ごしてくださいね!
時々、機関銃のように喋りに行くから、よろしく^^

投稿: のあ | 2007.10.06 17:50

のぶさん☆
ついに引越し!!!
新しいお家も楽しみだけれど、
想い出がたっくさんの街を離れるのはさみしいよね。
でも、
のぶさんの行動力!!!
にただただびっくり。
のぶさんの中にはいっぱいの経験と感動がつまってるんだね。
しあわせそうな のぶさん。
これからもあーちゃんに元気をわけてね!!!!

投稿: あーちゃん☆ | 2007.10.06 21:09

引越しおわりましたか

のぶさんは本当に色んな所に行ったり、色んな事をしてるんですね!!うらやましい(*^_^*)


同じ八雲町民になるんですね(^O^)函館ほど都会ではないですが、楽しく生活できますように…

投稿: ゆきむら | 2007.10.06 22:24

今頃はもう新しいお家でホッと一息の頃でしょうか・・・
新築の匂いって、なんともいえないものがあると思うんだよね。
私には一生味わえないステキな匂いだわ~。
私の分もたっぷり満喫してね!
こうして函館でののぶさんの思い出を読み返すと、なんて濃密ですごいんだろう。
それもこれも、みんなご両親やご兄弟や、たくさんの皆さんのおかげなんでしょうけど、ほんっと、のぶさんは自分を取り巻くすべての人間関係に恵まれていたんだね~。
だけど、ただ恵まれていたんじゃなくて、のぶさんは人の何十倍も努力してがんばったんだってことだよね!うん!
ほんとすごい!!!
私が大学の卒業証書の代わりにのぶさんに「努力賞」を贈っちゃうよ!^^
また新しいお家のことたくさん教えてくださいね。

投稿: マリーナ | 2007.10.07 10:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74837/16666186

この記事へのトラックバック一覧です: ついに引越し:

« 告知 | トップページ | ただいまー »