« ベーチェット病の投手 | トップページ | 夏休み続行中 »

負けて始まる苫小牧

わーーーーーー。負けたーーーーー。

駒大苫小牧が負けちゃったーーーー。

でも、ものすごく残念だけど、僕としては100%満足の行く試合でした。

本当に本当に良くやったと思います。

相手は春のベスト8の強いチームなのに、それさえものともせずに

どのチームよりも元気一杯グランド走り回っての先制パンチ。

その後は両軍入り乱れた、すごいプレーの応酬。

打つも打ったり、守るも守ったり。

一回戦とは言え、これ以上ないって程、内容のある好ゲームでした。

びっしり入った観客にも、おされて去年の決勝を彷彿とするような

異様な雰囲気の中、一点差でもつれる試合は打つ方も守る方も無我夢中。

最後は究極の場面も極まり、まずいプレーが出てきて

それが駒大の命取りにもなったけど、でも、そんなの関係ない。

甲子園は一年間の努力と汗の集大成だから

どうしても勝ちたい気持ちと負けたくない気持ちが無意識に体を動かして

神業的なファインプレーも連発すれば、普段なら考えられないような

まずいプレーも出るもんなんだよね。

その両方を含めての勝負なんだから、選手や監督はともかく

どんなプレーが出たって、見てる側としては拍手を送るべきだと思います。

そんな試合が今日の1戦。高校野球の魅力満点の試合でした。

正直ここまで魅力的な試合になるなんて思わなかったなぁ。

本当にしびれる場面が多くて、興奮しすぎたせいか

心臓もアゴも痛くなってしまいました。叫び過ぎってやつ?

今度は落ち着いて見れるだろうなぁと思ったのに、なんだ?この試合は。

勝っても負けても、猛烈な試合をする苫小牧ナインにまたやられてしまいました。


でも、これだけの試合をやれば、

みんなから、さすがは苫小牧って言ってもらえると思うし

来年や再来年の主力になる後輩達にも誇りを持てると思うんだよね。

これでまた来年のチームもがんばれると思う。

本当の意味でチャレンジャーとしてがんばれるはずだよね。

きっと伝統って、こういう風に作られていくんじゃないのかなぁ。


考えてみれば、もともと苫小牧高校は負けて始まったチームなんだよね。

4年前の夏。雨天コールドで没収された勝ち試合を

やり直して負けたあの悔しい敗戦から

二連覇と去年の準優勝まで、夏の勝ちっぱなしが始まったわけです。

それに正直、去年だって優勝はできなくても

チームとしては勝利の一年だったと思うんだけど

でも、今年は初戦負けだから、いい試合はしたけど、負けとして再出発できる。

周りのプレッシャーからも解放されて

来年もまたどのチームよりも元気なナインとして戻ってきて欲しいなぁ。

負けて始まる駒大苫小牧高校に期待してます。


最後に相手の広陵高校にもひとこと言いたいけど

広陵ナインもいい雰囲気で、楽しそうにひた向きにプレーしてたことに

天晴れでした。

特に櫟浦くん上本くんの1、2番コンビと同点打の山下くんは素晴らしいね。

こうなったら、このチームに優勝して欲しいなぁ。

この先、燃えて熱狂応援は広陵高校ということで、北海道のみなさん

今年の夏はまただ終わりませんよー。


ということで、今日は2回もアップしちゃいました。

それにしても、いま目の前でやってるバレーボールもすごい試合なんですけどー。

|

« ベーチェット病の投手 | トップページ | 夏休み続行中 »

コメント

心臓が痛くなるくらいに叫んでたんだぁ~~
それだけ白熱した試合だったんだね!
私は、今朝のニュースでしか見てないんだけど。。。
勝負の勝ち負けよりも、自分達の力を出し切った試合なら悔いないよね。
ミスもファインプレーも、試合の醍醐味だし。
(ミスした方はツライだろうけどね・・・)

「負けて始まる」
なんかイイ言葉だな~自分達にも言えるよね。
失敗して凹んでも、それを経験として次へ繋げれば良いさね^^

投稿: naho | 2007.08.12 07:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74837/16079665

この記事へのトラックバック一覧です: 負けて始まる苫小牧:

« ベーチェット病の投手 | トップページ | 夏休み続行中 »