« 河合正嗣絵画展07 | トップページ | ひのき屋ライブ »

脚本家の渡辺あやさん

昨日、見忘れていた2週間前のトップランナーを見たんだけど

ゲストは脚本家の渡辺あやさん。

小学生の子供が居るなんて全然信じられないような綺麗な人で

ちょっと見とれる感じだったんだけど

なんと彼女は、子供を生んで赤ちゃんと過ごす2人だけの時間に

社会から離れた寂しさから、物語を書き始めプロになったすごい人です。

こういう風に突然道が開けることってあるんだね。

いろいろと話も面白かったけど、そのことに1番感動しちゃいました。

その道を目指してがんばってもなかなか成れないプロの世界。

でも、その一方で特に目指していた訳でもないのに

何かのきっかけで突然プロになってしまう人がいる。人生ってホント面白いよね。

まぁそれは物にもよるんだけどさ。

とにかく、プロになる道にはいろいろあって、努力してプロになる人もいるし

突然現れたチャンスを物にする人もいる。

チャンスは平等じゃないかもしれないけど、その道を目指していても

そうじゃなかったとしても、やってきたチャンスをなるべくものにできるように

遊びでも何でも一生懸命がんばって、対応力を身に付けておくことが大事なのかもしれないね。

渡辺あやさんも、子供のころにハイジの続編を書いたことがあったみたいだよ。

http://www.nhk.or.jp/tr/2007album/070630.html

明日は極端に天気が悪くなければ、ひのき屋さんを見てきますね。
 
 
 
※みなさん、いつもコメントありがとうございます。このブログはコメントを頂いても返事を書かないことしています。本当に申し訳ないのですが、障害のある著者の体力を考慮してのことなので、ご理解していただけるとうれしいです。

|

« 河合正嗣絵画展07 | トップページ | ひのき屋ライブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74837/15768692

この記事へのトラックバック一覧です: 脚本家の渡辺あやさん:

« 河合正嗣絵画展07 | トップページ | ひのき屋ライブ »