« ふたつの物語 | トップページ | 残念なこと。うれしいこと。 »

車椅子バスケ観戦記

なんか、アゴが痛くなってから、テレビを見る時間が増えたけど

毎日、いろんなことを知って、めっちゃ楽しいんですけどー。ふふっ

最近は、モネやシートンの話で、ホント知らないことがいっぱいあるよね。

いろいろと感動したので、近いうちにブログにも書きますよん。

後、絵のほうは完成が近くなって来た感じなので、がんばりまーす。

そういえばシートンって動物画家としてもすごい人だから

僕も参考にすることに大決定。何かを知るってことは、身を助けるね。やったー。


さて、日曜日に行ってきた車椅子バスケ北海道大会の話です。

去年、母校に講演に行って知り合った後輩君が

車椅子バスケをやっていて、練習を見に行ってきたのは、以前紹介したけど

その後輩君のチーム、ハダース函館が地元開催の全道大会に出るというので

これはやっぱり行くしかないでしょう。ふふっ

で、参加チームが8チームで2日間にわたってやってたんだけど

僕が行ったのは2日目。

だから、どうか勝ち残ってて欲しいと思ってたんだけど

会場についたら、ちょうど準決勝を戦っているところでした。

試合は終わりそうだったんだけど、同点で苦戦してたんだよね。

オフィンスがなかなかうまく行かなくて、点も取れないからハラハラしたけど

その分、守りがかなりいいから失点もしない感じで

そのまま延長に入って、からくも勝利。

危なく準決勝も見逃すところだったけど、これで決勝見れるじゃん?ふふっ

ちょっとしか見てない準決勝なのにメチャメチャ興奮して疲れました。

だって、決勝に進出するのが夢って、新聞に書いてあったんだよねー。

ということで、夢が叶う瞬間をバッチリ目撃してしまったのでした。

ちなみに、後輩君はベンチで応援に回っていたので

ちょっと切ない感じがしたけど、スポーツとはそういうものだからね。


そして、いよいよ決勝戦。看護学生が何人も応援に来てたので

黄色い声援が飛びまくる中、スタートダッシュに成功。

準決勝終盤で苦しんでたオフェンスも改善されて、どんどん点も取るし

守備も冴えに冴えまくって、スティール、インターセプトの山。

完璧な試合運びで、最終的には40点差も付けて優勝しちゃいましたよ。

主力選手が抜けたとは言え、相手は強いチームなんだと思うんだけど

これだけのゲームをするってことは、ハダースの実力は本物です。

そういえば、練習を見に行った時のことを思い出してみれば

いろんなメニューで4時間近くずっと車椅子をこぎ続けてて

すごくビックリしたんだよね。やっはりあの練習量あっての優勝だろうなぁ。

それってきっと、いままで3位ばっかりで悔しい思いをしてたっていうのが

ポイントになってるはずなんだけど、本当にそれが力になったとすれば

負けることや、悔しいことって、とても大切なことなんだよね。

結果が出たから言うんじゃないけど、たとえ結果が出なかったとしても

それは変わらないと思うよ。もちろん負けをどう受け止めるかにかかってるけどね。


それにしても、ハダースのプレーは、本当にすごかった。

徹底的に相手にプレッシャーをかけるディフェンスで

ボールを奪い取って攻めるという作戦がお見事でした。

やっぱ守りと攻めをひとつながりに考えて両方を効率的に行うのがミソだよね。

まぁ早めの守備は突破されると苦しくなるんだけど

リスクを負って攻める勇気が勝利を呼び込みました。拍手。

それからハダースは選手のバランスも良くて、

ガードのふたりはテクニックがすごいし

ゴール下で起点になる長身の選手や、スピードのある選手もいたりして

みんなの持ち味がそれぞれに発揮されて、みごとに調和していました。

ファンとして、ハナ高々よね。ふふっ

それと前に練習を見に行った時に、光り輝いていた和製アイバーソンこと

田中聖一選手。あのときはジュニアの全日本候補って言ってたけど

やっぱり今回も大活躍して、見事MVPを取りましたよ。

もうね、納得のMVPって、感じだったよね。

あのプレー振りは、本当にアイバーソンを彷彿させるん感じ。

そしたら、北海道のローカルニュースで彼のことを特集してて

全日本に入りたいって言ってました。

そのうちパラリンピックで活躍するのかなぁ。ホントそうなるといいなぁ。


ということで、車椅子バスケ観戦記でした。面白かったなぁ。

ハダースのみなさん、北海道チャンピオン本当におめでとうございます。

|

« ふたつの物語 | トップページ | 残念なこと。うれしいこと。 »

コメント

 絵の完成が近いとのコトで(^^  楽しみだなぁ♪

 車イスバスケ、迫力ありそうだね~。後輩君たちの優勝、ホントにおめでとう♪ 練習量ももちろん、のぶやの応援のお陰かな。それとも黄色い声援のお陰でしょうか?(笑)  
 
 実は私も中学のときバスケ部だったんだけど、ランニングシュートがどうしても出来なくて2ヶ月で辞めたという、とんでもない運動オンチな人間です・・。

投稿: ヒガシ | 2007.05.26 21:31

あ、後輩君たち優勝したのね~!
おめでとう。

車椅子バスケってある種格闘技だもんね~。
私もテレビで特集見たとき、迫力にびっくりしたのを覚えているよ~。
あれは確かに興奮するよね。
のぶさんが興奮したっていうのよくわかるわ~。(笑)

>負けることや、悔しいことって、とても大切なことなんだよね。

うんうん、そうだよね。
私もおととし、卒論できなくて、すごく悔しくて情けなかったけど・・・
あれがなきゃ、卒業できなかったって思うもの。
ダメなときって色々悔しいけど、そういう気持ちも大事なんだね。

投稿: マリーナ | 2007.05.27 06:20

私からも一言☆「ハダースのみなさん、北海道チャンピオン本当におめでとうございま~す♪」パチパチパチ~☆毎日の努力が形になりましたね!

優勝する試合を観戦できて、のぶさんも良かったですね☆

まえにテレビで見たことあるんだけど、車椅子バスケって迫力あってドキドキ☆ハラハラするけど、面白いですよねぇ~☆
田中聖一選手がいつかパラリンピックで活躍する姿を見ることが出来るかな?そちらも楽しみですねぇ~♪

投稿: ゆきりん | 2007.05.27 10:54

バスケ、大興奮だったようですねー。
友達が頑張ってる姿を見るのって、パワーを分けてもらえるようでうれしいね!

のぶさん、最近はテレビを堪能中?
あごの痛みでネットがあまりできなくなって、もしかして凹んでるかなーなんて思ったのですが、
まったく杞憂だったようですねw
なんにでも楽しみを見出せるところは、さすがのぶさんだと思います。
私も見習わなくちゃー。

投稿: やまみ | 2007.05.28 19:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74837/15196890

この記事へのトラックバック一覧です: 車椅子バスケ観戦記:

« ふたつの物語 | トップページ | 残念なこと。うれしいこと。 »