« バリアフリーの家 | トップページ | もう少し休んで »

左クリック

アゴが痛いので、アゴを使わずに文字を打つ方法を試しています。

インターネットで良さそうな文字入力ソフトを見つけたんだよね。

これは左クリックだけで全部できちゃうすぐれもの。

携帯電話の文字入力をもっと簡単にした感じなかぁ。

http://f17.aaa.livedoor.jp/~sachs/vkey_about.html

オートスキャン方式と言って、あ行、か行、さ行というふうに

順番に点滅していくのを入力したい文字のところでクリックしていくんだよね。

この記事も最初の4行は、そのソフトで書いてみました。

時間はかなりかかるけど、アゴがつらいときとか

アゴを休ませながら文字を打てるのが最高だよね。


たぶんアゴはもう治らないんだろうね。

アゴを使ってパソコンをやってる限り、きっと難しい気がします。

正直、もう半年ぐらい痛いし、肺炎で入院して一回治ったけど

パソコンを再開したらまた痛くなったからね。

多少筋力も落ちてきてるだろうから、口でパソコンをやること自体が

難しくなってきたってことだと思います。

一時的に治っても、やればまた痛くなると思うんだよね。

ということは、もちろん絵も難しくなってくるってことだと思うんだけど

良くて、あと1、2年なのかな?

この辺は宿命みたいなもんだから、こだわっても仕方がないし

限界を越えたら、すっぱり諦めるだけなんだけど

だとしたら、残りの時間で一枚でも多く良い絵を描く事がいまの目標だよね。

もちろん、他のやり方で可能性があれば探るけど

それだと画法から何からまた1からやり直しになっちゃうんだろうなぁ。

まぁ、予定よりはかなり早い気もするけど

いつか絵も描けなくなるっていうのは分かったからね。

だけど、逆に言えば、いつまでもやれないってわかってたからこそ

がんばれた部分もあって、僕にとってはプラスだったかもれないなぁ。


とにかく、アゴが痛いのは、体的に仕方がないということなら

痛くても良いということだと思います。

治らない物を治そうとしても仕方がないんだし、

出来る限り治す努力をしたら、あとは良い意味であきらめちゃったほうが

気持ちも楽。この場合はパソコンを口で動かすということをやめさえすれば

治るんだし、文字も別の方法で出来るんだから、ようは絵だけが問題なんだよね。

だとしたら、限界ギリギリまで絵をがんばるだけなんじゃない?

苦しくなったらいつでもやめられるんだし、

多少痛くても、描けるうちはがんばって描いていかないと勿体ないもんね。

もちろん無理のない程度なんだけど

休む時間を増やして、スローペースでもいいから、いまやれることを全力でやる。

それ以外にないのだ。ふふっ


まぁそんな風なことを、ここ何日間で思ったんだけど

さくらさんを始め、絵の宣伝をしてもらってる人たちもいるから

絵の募集をどうしたらいいか早く考えなくちゃね。

特にさくらさんは店の一角使ってくれてるから、急がなきゃ。


ということで、いまを大切すること。いまはその気持ちでがんばるのみ

というお話でした。

いやいや、楽天の田中まーくんも初勝利を上げたし、

連日見ている高校バレーの選手達のがんばりにも感動しまくってるからね。

僕もがんばらなくちゃ。

バレーボールは苦しいときほど、どれだけ我慢できるかの勝負。

だから、いろいろとうまく行かない時も、我慢して淡々と自分のプレーに徹するしかない。

そうすれば、いつか上向く瞬間もあるんだし、苦しい状況を早く抜け出そうとして

実力以上のことをしても、うまく行かない方が多いよね。

メジャーに挑戦してる松坂にしたって

前回、前々回と味方が打ってくれなかったけど

それでも我慢して投げることでしか活路は見出せないんだし

やっはりどんなことでも淡々と出来ることを精一杯やるのがベストだろうなぁ。

そう思えば、僕もさらっとがんばれちゃいそう。

世界のトップクラスでも苦しむんだからさ

僕だって多少のことは必要枠なんじゃない?そんな気がするなぁ。

いずにしも明日の松坂登板も楽しみだね。

今度こそ2勝目に期待しちゃいましょう。


※このブログはコメントを頂いても返事を書かないことしています。本当に申し訳ないのですが、障害のある著者の体力を考慮してのことなので、どうかご理解願います。

|

« バリアフリーの家 | トップページ | もう少し休んで »

コメント

うーん・・・のぶのアゴは私やお母さんの手首と同じだね!
私の手クビも、何もしないと大丈夫だけど、手首の使うことをすると、たちまち痛みだしますから^^;
もうずっと、上手に付き合っていくしかありません^^
利き手なので、卓球に限らずいろんなことに影響して、実は長い時間字を書き続けられないとか・・・w
のぶのアゴも、利き手みたいなもんだからね!
もし右手で字をかけなかったら、左手で書けばいい?
難度はちがうけど、そんな感じかな?
でも、簡単にはいかないよね!
アゴでできる部分と、休めるために代用する何かと、上手に使って、出来るだけたくさんの絵を書けるといいね^^
私も、手が痛くならない程度に卓球を楽しんで行こうと思います^^

投稿: 乃亜 | 2007.04.23 11:24

いまこの記事を読んで 前に送ってくれたメールの写真を見てきました
やっぱり田中君にしか見えないわけでー (笑 800万うらやましいねぇ
それはどーでもいいんだけど あの赤いマウスをあごで押してるのかなぁ
アメフトの選手がしてるみたいな 防具をつけるのはダメなのかしら
やめる前に完全なる素人さんにのぶさんの存在を知らせたかったけど(この前のおねーさん捕まえとくんだった!

夢路やめたら一茶にでもなる?
なんにでも才能ありそうだし のぶさんなら大丈夫そうよ

投稿: さくら | 2007.04.23 12:22

そうなんだねぇ~^^;;私も腱鞘炎も全く同じ・・・
良くなったって思ってPCを使ってちょっと無理しちゃうと、すぐ痛くなってきちゃう!
完治はもう無理なんだろうなぁ~って思ってるけど、のぶさんと同じで、だましだまし(?)使ってま~す♪痛くなったら、しばらく休んで、って感じで^^一番酷いときは脱しました~☆
のぶさんのアゴも少しずつ良い方向へ行くといいなぁ~!

投稿: ゆきりん | 2007.04.23 19:01

のぶさん今日は!!
顎の調子の件について毎日いろいろな事を考えておられるのですね。顎の痛みがだんだん頻繁に起こってきてのぶさんはこれから先、絵を描く事、描き続けられる期限・・・・をしっかり捉えようとされているのですね。ギリギリまでだましだまし、休憩を長くして・・・・・。のぶさんは単に諦めるのではなく次から次に使える機能を、次のステップに繋げていこうとされているのですね。
この前向きな考え方はきっと私の想像するお父様の気性を受け継いでおられるのでしょう。
のぶさん、本当に偉い!!凄い事だと思います。
少しでも長く、のぶさんが好きな絵が描けます様に祈っています。
のぶさんの「考えの宝袋」はいつもぎっしり詰まっています。
無理をしないようにいろいろな楽しみを見つけてスローリズムで頑張って下さい。
いつも若いのぶさんから教えられます!!
さて、私も「老化」と仲良く付き合いつつ戦いま~す!!

投稿: RBCの後輩・・・・・Y | 2007.04.24 13:20

うちのセントジョーンズの写真は大事に飾ってあります!のぶさんのタッチは好きだから、できるとこまでやるという姿勢は、応援します(^o^)楽しみにしていますね。いけるところまで、いけないところまでは無理しないでくださいね~。

投稿: 涼 | 2007.04.25 19:36

ご無沙汰です。私ももう20年くらい腰痛とはつきあっています
が、それよりもはるかに厳しい状況でやれるだけのことは
やろうとしているのぶさん。見習わないといけないと思う気持ち
でいっぱいです。

さて、お相撲も5月になったらまたはじまります。身体の具合
次第だとは思いますが、余裕があればまた参加してくださいね。

投稿: MVB | 2007.04.27 18:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74837/14809982

この記事へのトラックバック一覧です: 左クリック:

« バリアフリーの家 | トップページ | もう少し休んで »