« 入院物語番外編 | トップページ | これまた長い完結編&ニュース »

入院物語3(長文注意)

昨日はアップできませんでしたね。

体の調子はかなりいいんだけど、ここんとこずっとお腹の調子が悪くて

うまくお腹の中のものを出せない状態なんだよね。

それで昨日の夜もパソコンが出来ませんでした。

えっと、あんまりきれいな話じゃないから、嫌な人は飛ばして読んでくれていいけど

病院では薬の力も借りながら

ベットの上で横になって出していたから、その辺の影響が出てきてる気がします。

でもまぁ、年々、腹筋も弱くなってきてるみたいだし

これからはそっち方面で苦労することも多くなるだろうけど

そういう状況にも慣れてくれば、そのうち自分のペースもつかめてくるんだろうね。

とりあえず苦労して当たり前って思うといいのだ。

よし!キャベツを食うぞ!ふふっ


さて、入院物語ですが、昨日も少し書いてたので長文になるかもです。

入院してから10日ほど左肺にたまった痰が出てくるにしたがって

真っ白だった左肺も少しずつ黒くなり、ひと安心。

点滴も一度は取れたんだけど

今度は栄養が足りないということになってしまいました。

肺が白いうちは体を起こすことも出来ないし、当然ご飯も食べられないんだけど

点滴とテルミールという栄養ジュース3本ほどで栄養を補っていました。

でも、肺がきれいになったので、ご飯も食べられるようになるとの期待から

点滴を抜くことになったんだけど

当の僕はというと、がんばろうという気持ちとは裏腹に

全然ベッドから起きることが出来きませんでした。

朝起きると、夜の間に新しく出来た痰が上がってきて

それで何度かカフマシーンをかけるんだけど、カフマシーンは強力なので

何回かやってるうちにノドが痛くなるんだよね。

まぁそのせいかどうかは、はっきり自分でも分からないけど

とにかく起き上がるとノドが痛くてものすごくむせるというか

咳き込むというかで、しばらくちゃんと起きれない日々が続きました。

その間、あんまりご飯も食べれないから、栄養が足りなくて

再び点滴に戻っちゃったわけです。横になりながら食べる方法にもチャレンジしたけど

それだと水で流し込む感じだから、水ですぐにお腹がいっぱいになるんだよね。

この辺、さすがにちょっとショックでしたね。

せっかく肺もきれいなって喜んだのに、自分でも起き上がれなのが信じられないし

いつになったら良くなるのか、全然先が見えないみたい状態だったからね。

でも、気持ちを切り替えるのは割と早いほうだから、気長にやることにしてみたら

そのうち少しずつ痰も収まって、ご飯も食べるようになったんだけど

それでも相変わらず栄養は足りないまま。

貧血がどんどんひどくなって、ついには輸血になってしまいました。

輸血と聞いてみんなビックリしたと思うけど

要するに体の鉄分が足りなくなって、赤血球を作り出せないから

輸血で鉄と赤血球そのものを増やすんだよね。これを3日間やりました。

ご飯を食べれるようになれば、良くなるはずと信じてたのに

これまたみごとに裏切れて、またまたがっくり。

点滴もしてるのに、なんでダメなのかなぁ?とひたすら思っていました。


ただ、輸血や血液製剤(何度か使いました)に関しては献血をしてくれた

誰かさんに、感謝しないとダメだなぁって思いましたね。

そして、このブログにきてくれてるごじゃえもんさんは献血を趣味にしてるので

ごじゃえもんさんの血が直接、僕のところに回ってきたわけじゃないけど

なんか助けてもらったみたいで、うれしくなりました。

とにかく、見知らぬ誰かさん、血を分けてくれてありがとうございました。


それはさておき、またもやがっくりの僕ですが、がっくりしても仕方がないので

とりあえず、肺もきれいになり、朝の痰も収まり、起きれるようになって

ご飯も食べれるようになって、確実に良くなってきてることを思うと

がんばってご飯を食べて過ごしていればきっとよくなると

心に誓い気合を入れたのでした。

そして、ご飯の食べ方を工夫してみました。

とにかく、たんぱく質と脂質、鉄分が足りないと言われ続けていたので

父に本を買ってきてもらい、それを重点的に攻めて行きました。

もともと食べれる量もものすごく少ない僕だから、

効率良く行かないとね。それで、まずは毎日生たまごを飲むことにして

ご飯には大好きなタラコ。また鮭や豆腐がかなり良いらしく

給食にもよく出てたから、それを徹底して食べてみました。ふふっ

乃亜さんの報告にネギトロをリクエストって書いてあったけど

マグロもたんぱく質と脂質の面では、かなり稼げるらしかったので

確かに好物ではあるけど、実は栄養のために買ってきてもらったのでした。

ところが毎日お腹が限界になるまで食べていたので

そのうちお腹が痛くなって

ついには全然食べ物がのどを通らなくなっちゃったんだよね。

栄養のテルミールも5本に増やしてたけど、600mlも飲むのはけっこう大変でした。

ホントもうがんばりたくてもまたがんばれなくなって

このときが1番つらい感じでした。

努力しても結果が出ないのは、本当に凹むよね。

のぶさんは前向きってみんな言ってくれるけど、僕もけっこうヘタレみたい。ふふっ

だけど、このときに看護婦さんが、肺炎は他の筋ジスの患者さんでも

ものすごく時間がかかるから、焦らないでゆっくりやろう!って

食べれなかったら、無理して食べなくていいよ!って言ってくれたんだよね。

なんかね、何気ない言葉だけど、これを聞いてものすごく安心しちゃいました。

ホント体がしんどい時って、こういう言葉が身にしみるんだよね。

白衣の天使ってよく言われるのは、こういう意味だ!って

なんだかすごく納得しちゃいました。

要するに僕は早く良くなろうと思って、がんばりすぎてたというか

努力が空回りしてただけなんだよね。

がんばってもダメなこともたくさんあるし、がんばることも必要だけど

それと同時に待つことも必要っていうのが、そのひと言でよく分かりました。

って言うか、このときは全然自分らしくなかった気がしますね。

努力に結果を求めたらつらくなるっていうのは十分わかってたつもりだし

努力は掛け捨てにしたほうが楽しくがんばれるって

前にこのブログにも書いた気がするけど、コロッと忘れてましたよ。

まだまだ僕も精進が足りないねぇ。ふふっ


とにかく、そんなことがあってしばらく、血液検査の結果も良くなって

退院することが出来ました。

最後の1週間ほどは、お風呂にも入れてもらったんだけど

そのときに体重を量ってみたら、入院前より3キロも増えてましたね。

栄養が足りなかったのに体重が増えるってどういうこと?

たぶん、足りなかったのは、たんぱく質と脂質、鉄分だけで

それ以外の栄養素は体重を増やすのに十分なほどあったということだよね。

要するに、タンパクでも何でも体にある程度蓄積されてないと

普段はいいけど、また病気になってご飯が食べれなくなったとき

途端に足りなくなるってことで、体に蓄積されるのを待ってたんだと思うよ。


てなわけで、長くなりましたが、そんな感じで退院することになりましたよん。

次回は入院物語完結編として、まとめと1つのビックニュースがあります。

乃亜さんがもうバラしちゃったからなぁ。あはは まぁ解禁です。解禁。

そろそろ絵も描きはじめますね。絵を始めたら、やまみさんに怒られるー!ふふっ

|

« 入院物語番外編 | トップページ | これまた長い完結編&ニュース »

コメント

コメントは久しぶりですね。
まずは退院おめでとうございます。
よかったですね~
早くもこんなに長い文が書けるようになったんですね。
絵もそろそろ始めるんですか?
大丈夫?

>焦らないでゆっくりやろう
フッと力を抜いてくれるこういう言葉は嬉しいですね~
そうそう、ゆっくりですよ~♪

投稿: kuro | 2007.03.03 21:09

>努力は掛け捨てにしたほうが楽しくがんばれる

ってとってもいい言葉ですね☆
その言葉、ずっと私も覚えていたいな!
次回の完結編にビックニュース???
何だろう???楽しみにしていまぁ~すσ(゚ー^*)

投稿: ゆきりん | 2007.03.03 21:30

もーーー
春までゆっくりしてなさいって言ったのに
でもだいぶ元気になったみたいね
良かった
だけど壮絶な入院生活だったねー
そんな中でも体重って増えるんだね…
人間の体って凄いね

私、笑っちゃったのが
のぶさんが苦しいのにご挨拶したって所
のぶさんらしいなぁと思って
褒めてるのよー
のぶさんらしくてステキだなぁと

投稿: りきち | 2007.03.03 22:56

今晩は!!でも、もう日付けが変わっています。今日は、老母とおひな祭りをして来ました。婆さんと小母さんのひな祭りで冴えないけれどね。

昨晩はちょっと心配していたのですよ。金曜日更新・・・・って書いてあったけれど・・・・。きっと何か急な用事が・・・・。と思いながらもまさか、ちょっと無理をして熱でも・・・・??ってね。
あ~あ、○ンチがなかなか・・・・。だったのですね。腹圧、姿勢・・・・・といろいろ大変!!
長文ながら淡々と書いておられる病状記、何と壮絶なのでしょう!!
でも、のぶさんは前向きですね。本を読んだりいろいろ努力されたのですね。つい”頑張って”って言ってしまいますが”頑張り過ぎない”・・・
・・って事を念頭に置いて下さいね。
あらためて、何の苦労も無く”食べる””出す”
・・・・が当たり前に思っている自分を反省します。つい、”感謝”を忘れている自分がここにいるのです。
どんな時にものぶさんは明るい!!
素晴らしい性格です。私なんかこの歳(どの歳?)になっても小さな事でブツブツ文句を言ったり、不平・不満・・・・・。あ~あ、反省、反省・・・・!!
のぶさんに教えられる事が一杯あります。
今回の入院がのぶさんをまたまた大きくしましたね。(3kg・・・・あっ、これは増加した体重だった!!)
完結編、楽しみ!!そしてビッグニュースも!!
お大事に!!無理し過ぎないように!!

投稿: RBCの後輩・・・・・Y | 2007.03.04 01:43

kuroさん

はい。ありがとうございます。
大分元気になって、そろそろ絵も始めようと
思っているところですよ。
もちろん大丈夫でーす。ふふっ
お腹の方も昨日今日、大分良い感じですしね。

でも、ゆっくりゆっくり
自分のペースを作って行きたいと思います。


ゆきりんさん

ふふっ 良い言葉ですか?
本当はがんばって結果が出た方がいいんですけど
それを期待しすぎるとつらくなっちゃいますから
ダメもとみたいがんばったほうが
周りもよく見えるし、どうやってクリアーしようか
あれこれ考えるのが楽しいことも多いですもんね。
すくなくても、僕の場合はあれこれ出来ないことが
多いし、そういうやり方でずっとやってきたので
それがベストだと感じています。


りきちさん

あれ?まだ春じゃなかったですか?
なんだか暖かい冬なので、もう春になったと
ばかり思っていましたよん。ふふっ
もう冬眠から覚めちゃいました。

入院生活はちょっとずつ大変なことも
ありましたが、看護士さんたちがみんな
やさしく明るく一生懸命接してくれたので
楽にがんばれました。いまになって思えば
自分の心の動きから何から、ホント面白かったし
良い経験になったと思いま~す。


Yさん

心配かけちゃいました。そうでーす。
。。。がなかなか~でした。ふふっ
でも、昨日今日ようやく調子がいいですよ。
この先も順調に行けばいいんですけどね。

黙っていれば、何も変わらないことでも
がんばれば変わることもあるので
きっと僕って黙って待ってるよりも
何かやりたいタイプなんですよね~。
それが今回は、少し空回りしちゃったみたいで
何でもほどほどがいいということでしょうか。ふふっ

小さな文句は誰でも出ると思いますよ。
食べることや出すことは、普通あまり苦痛ではないので
当たり前と思うのも仕方がないことですし
僕にも同じように当たり前と思ってることがあって
でも実はそのことで苦労してる人も存在するのだから
それはお互い様なんだと思います。
僕もYさんに言われて、そのことに気がつきました。
できることがると言うのは本当にありがたいことですね。
確かに苦労はしていますが、まだ出来ているというのは
本当にありがたいことなので、それを忘れずに
毎日をやっていきたいと思いまーす。
気づかせてくれて、ありがとうございました。

投稿: のぶ | 2007.03.04 20:44

 私のことを書いていただき、ありがとうございました。日記読んでて涙ぐんでしまいました。。。花粉で目がしょぼしょぼしているからかなぁ…。

投稿: ごじゃえもん | 2007.03.07 00:04

ごじゃさん

いえいえ。輸血に助けてもらったのだから
ごじゃさんに助けてもらったも同然です。
いつも献血ありがとうございます。

ところでこの間のテレビ。
1日日にち間違えて見逃しちゃいました。
動くごじゃさん見たかったのになぁ。ふふっ

投稿: のぶ | 2007.03.07 21:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74837/14113571

この記事へのトラックバック一覧です: 入院物語3(長文注意):

« 入院物語番外編 | トップページ | これまた長い完結編&ニュース »