« 心意気 | トップページ | 緊急連絡 »

ジミーちゃん

今日は野球を見ちゃってました。まぁスコアーは付けてないので

そんなに一生懸命は見てないんだけど、チラチラ見ながら

絵を描いたりメールを書いたりしてましたよん。

今日の試合は甲子園の出場が決まる秋の大会決勝です。

駒大苫小牧は、地区大会で負けちゃったんだけど、代わりに駒大岩見沢高校が決勝まで来ました。

駒大岩見沢ってなじみのない人もいるだろうけど、もともと強かったのは駒大岩見沢。

15年くらい前には、春の甲子園でベスト4に入っこともあります。

そのときは、僕もまだ甲子園に目覚める前だったけど、それでも熱狂的に応援していました。

まぁそれは良いとして、今度の岩見沢は投手力も良いし、期待できるかもしれないなぁ

って、勝ったみたいな言い方ですが、実は負けちゃいました。

でも、マジで来年の夏は期待できると思うよ。そして初優勝の旭川南高校。

ピッチャーの浅沼も、かなり良い感じだし、それプラス日本ハムも顔負けの走塁。

甲子園でも結構やってくれると思いますよ。2つ勝ってベスト8ぐらい行ってほしいなぁ。


ところで今朝の波乱万丈は、ジミー大西がゲストでした。ジミーちゃんすごねー。

なんだか良い話がいっぱい聞けたので、これはブログに書かなきゃって思いまして。

2つぐらい書いちゃいます。


まず、すごく感動したのは、ジミーちゃんの初恋物語。

ジミーちゃんって子供のころは全然喋れない子供だったみたいなんだよね。

喋らないどころか、言葉すら発することがないということで

多少、誇張はしてると思うけど、そんなジミーちゃんが初めてちゃんと発した言葉は

初恋の相手に伝えた「好き」。小3のころだったと言います。

当然、喋れない子供だから、みんなからは仲間外れにされるんだけど、

その子だけはジミーちゃんにやさしく接してくれたみたい。

「好き」って言った時も、彼女はやさしく笑ってくれたそうです。

なんだか子供らしい恋物語がとってもいい感じだよね。

で、その日以来、ジミーちゃんはずっとその子のそばを離れなかったと言いますが

ところが、悲しいことに、その女の子は夏休みの間に病気で亡くなっちゃうんです。

でも、ジミーちゃんは死んじゃうっことをうまく受け止めることができなくて

いつか帰ってくるとずっと思ってたらしいんだけど

2学期の間ずっと、その子の机の上にあった花の水をこっそり毎日取り替えてたんだって。

それも朝早く学校に行って、水を取り替えたら1回家に帰って、改めて登校してたというね。

あくまでもこっそりなのがかわいいんけど、その努力に手抜きがないってのが本当にすごい。

それからしばらく、クラスでもう花はあげないということになり、席替えをしたら

偶然にもジミーちゃんが、その子の席に座ることになったんだって。

そしたら、その机の中から置き忘れた彼女のハンカチが出てきたっていうんだよね。すげえ。

偶然にしては凄すぎるよね。もしかしたら、先生が仕組んだことかもしれないけど、

例えそうだったとしても、これはすごくいい話だと思うよ。

もちろん本当に偶然の出来事かもしれないしね。

その後三年間、毎日のようにそのハンカチを握って眠りについたって言うから

ジミーちゃんって純粋でいいなぁと思ったのでした。

それにしても小3で告白ってすごいね。僕も経験あるけど。え? 突っ込みは不可です。ふふっ


続いてこれも小学校の話、絵の授業で煙突のある風景を描くことになったジミーちゃん。

なぜか絵の中に、いるはずのない象を登場させちゃったのです。ふふっ

それで、みんなが速攻で先生にそのことを教えまくるという、小学校に良くあるシーンの中

先生がジミーちゃんに言いました。大西君はこれでいいんだよ。自由に描きなさい!って。

これまたすごくいい話。

そしたら、なぜかそれ以来、絵の授業はジミーちゃんだけがヘッドフォンをして

モーツァルトやバッハを聞きながら、自由に絵を描かせて貰ったとか。

これってすごいよね。ジミーちゃんもずいぶん良い先生に受け持ってもらったと思います。

ジミーちゃんのいいところを一発で見抜いたんだろうなぁ。

のちのち番組の企画をきっかけに絵を描くことになるわけですが

確実にこのときのことが大きく物を言ったことは間違えのないことだよね。

でも、もし絵で成功していなかったとしても、十分にその指導法は素晴らしいと思うなぁ。

きっとそのことが有効かどうかはどうでも良くてさ、特に結果が出なかったとしても

先生がジミーちゃんのことを一生懸命考えてやってくれたということが大切なんだよね。

そういう気持ちを感じるだけで、ひとってどんなことでもがんばれるようになる気がするもん。

例えその時は何も感じなかったとしても、後々大人になってから思い出すこともあるだろうし

こうやって、ジミーちゃんが番組で話してるところを見ても分かるよね。

覚えてるってだけで、それは心にぬくもりが残ってる証拠なんだよ。

そういうことが何にもまして大切なことだと思うんだけどね。


それがね、このときの影響で、いまでも音楽を聞きながら絵を描いてるというジミーちゃん。

モーツァルトを聞いてるの?って言われて、ひとこと。

なんと「スピッツ!!!」という答えが返ってきました。うそ~ん。

正直言って、これが僕にとって1番うれしい話でした。ふふっ

僕もスピッツを聞いて絵を描いてることが多いし、大好きなスピッツの影響をジミーちゃんも受けて

絵を生み出してるんだね。勝手ながら、僕と一緒だと思うと顔がにやけてしまうのでした。ふふっ


ということで、ジミーちゃんの波乱万丈。メチャメチャ楽しませてもらいました。

他にも、さんまさんや岡本太郎との交流について、面白く感動する話もありましたが

それはまた機会のあるときに話しちゃったりして。たぶんないけど。

だけど、やっぱりさんまさんはすごいね。描いた絵をあまり売ることのないジミーちゃんは

今でもお金に困ることがあるらしくて、そういう時はメロンパンを持ってさんまさんに会いに行くそうです。

そして、小遣いと称してお金を貰ってくるとのこと。

さんまさんは、親のような存在だとジミーちゃんは語っていました。すごい話でしょ?

じゃ~寛平さんはどんな存在?と、さらに意地悪な質問をされると

もともと寛平さんに憧れて吉本に入ったジミーちゃんは、答えに困りながらも

お猿さん!と答えていました。最後の最後にかなりウケてしまいましたね。おみごと!

|

« 心意気 | トップページ | 緊急連絡 »

コメント

ほんと、人の出会いってすごいよね!
ジミーちゃん、いい先生にめぐり会えて羨ましいよ~
れんは、宿題の色ぬりで
タヌキを赤くぬっていったら、「タヌキは茶色です!」と
叱られていました。
私は、赤でもいいと思うんだけどね・・・
その子が感じたままでいいんじゃないのかなって。
それこそ想像力なくなる指導なんじゃないのかな?
れんも、これから自分の人生を変えてくれるような
いい先生にめぐり会って欲しいなあ~

投稿: れんママ | 2006.10.15 23:46

なんだか心が温まりました~。
良い先生との巡り合いって、宝ですよね。美術の指導方法は、彼にとって大きかったんでしょうね~~。

投稿: 涼 | 2006.10.16 00:39

ほぉ~良いお話。
先生は、喋らないジミーちゃんの表現方法が絵だと即座に見抜いたのかな?独特な絵を描くからね。

出会い、私も最近は良い出会いに恵まれてるなって実感してます。大切にしなきゃ~♪

投稿: ゆうこ | 2006.10.16 06:43

ほんとね~。何でも出会いって大切なのよね~。^^
でもジミーちゃんの番組見たかったなぁ。
見損ねちゃった~。
すごくいい絵を描くしね~。
のぶさんの記事を読んで、人に歴史ありだと思ったわ~。
で、寛平さんがお猿さん?!うふふ。
そういう素直なところがジミーちゃんの絵のよさかもね~。
のぶさんにはのぶさんの絵のよさがあるし!
スピッツ繋がりで、のぶさんの絵ももっと注目されるといいね~。

投稿: マリーナ | 2006.10.16 10:02

れんママさん

遅くなってごめんなさい。
やっぱり人との出会いで人生大きく変わりますよね。
僕も狸が赤でも全然平気だと思うなぁ。
だいたい本物の狸って黒っぽくも見えるし
光が当たれば黄色にもなるので、狸=茶色に決めてるのは
ちょっと違うような気がしますね。
たぶん絵って正解はないような気がします。
でも、ちょっと先生のいってること違うよなぁって
子供心に感じるのも大切な経験。
ずっとその先生に絵を習うのではないので
いつか絵の分かる先生に、出会えれば良いですね。
絵は家で自由に描かせるという手もありますよん。

れんくんはまだまだこれから良い出会いが
たくさん待ってるはずです。


涼さん

遅くなってごめんなさい。
でしょ~?僕も見てて気持ちがポカポカしてきました。
僕も言い先生に出会えたので、
何とかまともな大人になれたみたいです。
ジミーちゃんも、子供のころに先生が植えてくれた
種が大人になって大きく花開いたんでしょうね。


ゆうこさん

遅くなってごめんなさい。
いや~、ほんと良い話ですよね。子供のころに
すでに象を書いちゃうってのがすごいですし
先生も、うわっ!すごい!って思ったのかもしれません。

良い出会いがあるのは、ゆう子さんががんばっていて
輝いてるからだと思います。
生き生きしてる人には自然と声をかけたくなるものですし
これからも良い出会いがありますよ、きっと。


マリーナさん

遅くなってごめんなさい。
出会いほど大切な物ないですよね。
人は生まれてすぐに親と出会うわけですし
出会いで人生も大きく変わってきますよね。

カンペイさんにもすごく世話に成ったらしいですが
さんまさんを親と言ってしまったので、どうしょうもなくて
お猿さん!って言ったのが、たまらなく面白かったです。

よーし。僕もスピッツパワーでがんばりますよん。

投稿: のぶ | 2006.10.16 21:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74837/12299457

この記事へのトラックバック一覧です: ジミーちゃん:

« 心意気 | トップページ | 緊急連絡 »