« 075 イルカ | トップページ | 会ったばっかりみたい »

高等部の話

なんだか妙に忙しくて、ブログに手が回りません。

ブログがおろそかになっちゃうのはまずいけど、でも、忙しいのは良いことだよね。

退屈が大嫌いな僕なので、アイドリングじゃ詰まんないし

アクセルを踏み込んで、どんどん前に進んでいけば、景色も目まぐるしく変わるってなもんです。

実は昨日から仕事の絵を描いてるんですよー。今度は赤ちゃんと犬なんだけどね。

そして、次の仕事もすとんと決まったので、なかなか気持ちよい忙しさといったところかな。ふふっ


そういえば今日から相撲だね。一応相撲部の端くれとしては

あおいSoRa親方は、今場所もペーパー親方ゲームにエントリーしましたよ。

もちろん、バルトの1位指名。今度こそ勝ち越したいのだ。

まぁバルトは負けちゃったけど、初日48点、12位の好発進です。やった!

先場所は、みんなも軒並み調子が悪かったから、今回はみんなで上位進出が出来るといいなぁ。

最近、やや英語ブームの僕は、朝のご飯の時間とかに英語を聞いてるんだけど

もちろん相撲も英語で見ちゃいますよん。

日本語の情報が入らないから、力士情報がなかなか頭に入らないけど、まぁそれは妥協ということでね。


えーと。チビ講演が延期になって、ブログのほうもその話を忘れそうになってるんだけど

もたもたしてたら、本番が来ちゃうので、今日は高等部の話を書きますね。

前回、入試のことを書きましたが、みんなのおかげでようやく入った高等部も

正直な気持ちとして、重度障害の友達とうまくやっていけるか、最初は本当に不安だらけだったんだよね。

でも、その不安も最初の一週間ぐらいで、すぐになくなっていました。

僕のクラスは、生徒と先生が3人ずつ。よく話しよく笑う4歳年上のIくんと、

話は出来ないけど、それなりに何でも分かる、これまたよく笑う同い年のTがクラスメートでした。

そして、先生はオヤジギャグが全然冴えないM先生と、応援団出身の25歳Y先生。

22歳のT先生は、なかなか花のある女の先生でした。

ちょっと僕にかわいそうなニックネームを付けられたけどね。ふふっ

まぁこのメンバーなので、十分楽しめるクラスなのは、容易に想像がつくでしょう?

僕は根がお調子者だし、友達の2人も恐ろしく笑い上戸で、話もちゃんと理解できるから

いつもうちのクラスは大騒ぎ、先生方も明るい、楽しい、面白いでとっても心地の良い空間でした。

また、となりのクラスは、もっと知的障害の重いクラスでしたが

合同で何かすることも多く、たくさんの時間を一緒に過ごしていましたね。

でも、ひとりひとりには強烈な個性があって、先生方の呼びかけに反応する姿がとても愛らしいんだよね。

みんな年上だし、中には7歳ぐらい上の人もいるけど、それでも本当に愛らしいという感じ。

なんていうか純粋に喜怒哀楽を表現するから、そばにいて楽しいんだよね。

周りにいる先生方も、みんなに優しく接しているので、そこに流れている優しい時間が

とっても心地よくて、本当に僕はそこにいるのが好きでした。


ところで、もともとうちの学校は勉強を教えるということを意図していない高等部だったのですが

予定外に入った僕のために、先生方もそういう環境を用意してくれました。

国語と数学を週3時間ずつ。そのほかに英語、理科、社会を1年ずつ週3時間勉強しましたよ。

もちろん十分とは言えないかもしれないけど、どの授業も僕にとってはとっても有意義なものでした。

大好きな先生達に教えてもらえたから、とても楽しかったし、特に数学の先生は

高等部で1番影響を受けた先生で、例のスコアーブックを教えてくれたK先生。

まったくもって兄貴分みたいだったので、めちゃめちゃ数学は楽しかったですね。

宿題も催促していっぱい出してもらいましたよん。

また国語の先生は、優しくてよく笑うT先生。3年目は担任を外れたので変わっちゃったけど

授業内容も、僕が歴史好きだったので、古典の平家物語を多くやってくれたりもしてくれました。

僕は悪い生徒だったので、なにかと面白いことを言って、先生を笑わせて喜んでいましたね。ふふっ

2年目には、同じく知的障害のない中学のころのクラスメートが入ってきたので

勉強のパートナーも出来て、入学前の不安は跡形も無く消え去ってしまいました。

つまり対等に話せる友達もできたということでね。ちなみに彼は去年亡くなった僕の大親友です。


そういえば、家でも少しだけ独学で勉強もしましたね。主に英語と生物、歴史かな。

英語はラジオとテレビの番組やるだけ、生物や歴史はNHKの高校講座を見る一方で

参考書とかでやってました。でも、結局は興味のあるやつしかやってなかったので

勉強というよりは遊びの延長に近かったかもしれませんね。ふふっ

やっぱり病気柄、筋肉の勉強は完璧に近いくらいやったよ。

アクチンとミオシンっていうのは、いまでもまだ覚えてるなぁ。

とにかく今になって思うのは、勉強は不完全だったかもしれないけど

勉強の面白さ、また分からないことを自ら調べて知る喜びみたいなものを

実感として知ることができたように思うんだよね。

きっと高校とか大学って卒業やその他の資格を取るということも大事だし

もちろん社会に出て役に立つ基本的な知識を得るというのもあるけど

必要なことは必要な時にいくらでも勉強できるんだから

学校の勉強なんて、してもしなくてもそんなに関係ないんじゃないのかなぁ。

それよりも大事なことは、物事に対する取り組み方や姿勢のような物で

例え知識が少なくても、体力や人脈なども含めて自分の持てるものを最大限に応用して、答えを導き出したり

そこにとどまって苦労できる力や、物事を吸収する好奇心を養うことだと思うんだよね。

きっとそういう人のほうが、世の中に出ても人材として使えるだろうし

まぁ勉強!勉強!と、うるさく言われない環境の中にいて

僕は、ほんのちょっとだけ、好奇心と工夫する力を養ったような気がしますよん。

そして、それ以上に優しさについて、勉強することが出来たんじゃないでしょうか。


う~ん。もうちょっと書きたいことがあるので、続きはまた次回ということにしておきまーす。

なんだか長くて、ごめんなさい。読むの大変だよね。

|

« 075 イルカ | トップページ | 会ったばっかりみたい »

コメント

喜怒哀楽を表現するって、表現力が人より優れているってことですよね。素直に、良いな、って思います。

投稿: 涼 | 2006.09.11 04:33

学生時代の楽しい思い出。
いいよね~
きっと、のぶさんは目だってたんだろうね!

投稿: れんママ | 2006.09.11 09:57

涼さん

人ってもともと喜怒哀楽を表現するのが
上手だと思いますよ。
ただ大人になるといろんなことを考えてしまうので
素直に表現できないことが多々ありますよね。
泣いたら恥ずかしいとか、怒るのは大人気ないとか。
なもんで彼らといると、何事にも惑わされない純粋さに
心を洗われる感じがするんだと思います。


れんママさん

どうだろう。目立ってたのかなぁ。
たぶん友達のほうが目立ってたんじゃないでしょうか?
みんな強烈なキャラクターの持ち主でしたし
I君は、高等部の顔って感じだったので。ふふっ
強烈なキャラクターは先生もでしたね。

投稿: のぶ | 2006.09.11 17:38

↓下のイルカ、いいなー。
前に私Dolphin Ringっていうタイトルでホームページやっていたんだよね~。
ああ、なんだかいい・・・

あ、それよか今ののぶさん、充実しているんだね!
忙しいけど、充実してるっていいよねぇ。
生きていくうえでの理想型だなぁ。
ホームページの方で前にのぶさんの学生時代のことも随分読んだけど、のぶさんって周りの人に恵まれていたかもしれないよね。
先生も友達も、そして家族に。

それから・・・
私に言われているみたいに思えたよ~。(笑)
学校自体よりも、取り組み方が大事って・・・
うん、そうだね。
私も初心に戻って勉強しようと思ったよ~。^^

投稿: マリーナ | 2006.09.11 21:42

マリーナさん

イルカいいでしょう?ありがとうございます。
Dolphin Ringって、いい名前ですね。
マリーナさんにとっても合ってる気がしますよー。

はい。いまはかなり充実しています。
いろいろとやることがあって大変だけど
なんだか、とってもたのしいです。ふふっ
そして、僕は本当に人に恵まれてますね。
こればっかりは自分でも信じられないくらい
出会う人みんな良い人で、常に良くしてもらってきました。
先生、友達、家族。そして、父の職場の人たちですね。
誰がどう見ても僕はしあわせ物だと思いますよ。

あと取り組み方に関しては、マリーナさんのそれは
とても素晴らしいと思っています。
全て好きな時間に当てられる僕とは違うのに
きちんと卒論まで来ていることの根気や努力はすごいです。
積み重ねた気持ちがマリーナさんを必ず導いてくれますよ。

投稿: のぶ | 2006.09.12 10:50

仕事依頼
月光をうけた夜の海を描いてくれないかな?
写真がないとダメかな?

サイズはA4で。
よろしくお願いしますね。
先輩(^^)v

投稿: 酒好きのタケ | 2006.09.12 20:23

私は、転校・進級・進学するたびに登校拒否してたような人間なので、
のぶさんがどんな環境でもスムーズに溶け込んでいくのが羨ましい。
今でも、新しい環境に入っていくのは苦手ですね。

いつも、のぶさんは周りにの人に恵まれてて羨ましいなーって思うんだけど、
それはきっと、のぶさん自身の力なんでしょうね。
のぶさんの持つ力が、いい人をたくさん引き寄せてるんだろうね。
そしてそれが、のぶさんの魅力なんだろうと思います。

投稿: やまみ | 2006.09.12 22:10

たけちゃん

うーん。どうだろう。まだイメージだけで
描くって、やったことないんだよね。
写真、少し捜してみようと思うけど、
いいのが無かったら、チャレンジしてみようかな。
初挑戦だから、ダメだったら無料にするよ。
予定詰まってるから、次の次の次で良い?
ありがとう。あとで、メール書くね。
打ち合わせしましょう。でも、明日になるかもー。


やまみさん

へー!やまみさんって、登校拒否とかしてたんですね。
ちょっとイメージと違うなぁ。
いや。でも、時間をかけてでも、馴染んでいけるのは
すごい力なんじゃなのかな。そのまま学校に行けない子も
たくさんいますもんね。

僕はたぶん、いろいろ考えてるようで
何にも考えてないんだと思いますよー。
楽しくないのが嫌いなので、どっかに面白いものを
探してるだけかもー。

人はどうだろう。引き寄せるほど魅力はないと
思うんですけどねー。
メッチャヘタレだし、何とかならないのかなぁって
いつも思ってるんですが、、。ふふっ

投稿: のぶ | 2006.09.12 22:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74837/11847022

この記事へのトラックバック一覧です: 高等部の話:

« 075 イルカ | トップページ | 会ったばっかりみたい »